花とゆめ23号のそれでも世界は美しい、感想です

最新コミックス17巻は11月20日 発売!

ネタバレ配慮してなくてすみません

そうだった、ニケは大公国妃だと思われてるんだったね、みんな ネフェロの状態は知ってるのかな・・・

復旧が始まっても これからの大公国のことが心配だったんだけど、“大丈夫”って分かって安心した!みなさん 逞しい!

「それは多分 ネフェロが撒いた種だよ」に泣いた (*゚´ω`゚)

温泉が沸いたことで、大公国は まったく違う国になっていくんだろうなあ、秘境というロマンは生かさないとニールに怒られちゃうけど(笑)

ニールが、アルを追うことに あんまり反対しなかったのが意外というか、珍しいと感じたけど、それはアインに言われた言葉が影響してるのかな?とも思うし、またニケと離れてでも 何が何でもアルと決着をつけなくちゃいけないって、リビが そこまで考えてるって分かったから あまり反対するようなことを言えなかったのかな

リビが どれだけ覚悟を持って決断したのかってことも、ニールは分かってるんだろうけど、さすがにニケの反応までは予測できてなかったね

ニケ、リビが自分に話しづらいことがあるって察してたし、怒ったりはしなかったもんね

というか怒るとかの前に リビの話を遮って「じゃ 私も早く準備しないとだな」って ついてく気満々だったし!

「それに何より リビが過去に向き合おうとしてる時に 私がお前の傍にいないなんて ありえない」

「苦しみに向き合おうとしてるなら 私にも手助けさせてほしい」

「その為なら恐いことなんて ひとつもないよ」

震えてる姿に心配になったけど、強いところ ぜんぜん変わってないニケが、やっぱり かっこいい 。゚(゚ノД`゚*)゚。

守られてるだけじゃないニケが リビの気持ちを強くしてる、素晴らしい関係ですね!ニケのお母さんとも約束したわけだし!

とりあえず温泉でイチャイチャありがとうございます・・・っ (*゚▽゚*)

 

リビをパシャリ!!! 「いいんだぜ?」って 少年王の上から目線は最高だな (*´艸`)

f:id:smilesmile_smile:20171108223854j:plain