プリンのなんてことないブログ

まんが大好き人間のブログです(*^▽^*) 旧ブログからお引っ越ししました マーガレットなど少女まんが大好き! ネタバレ配慮してなくてすみません。

高嶺と花 第56話 10巻の収録だと思うのでネタバレに気をつけてください


小学館&白泉社の少女マンガ5000作品以上が対象!5冊以上購入で20%OFF! | BookLive!

【1巻完結マンガまとめ買いクーポン】200冊が対象、3冊以上の購入で20%OFF♪ | BookLive!
   



今無料で読めるやつで絶対チェックした方がいいもの!
BookLive!は新規入会者に全作品対象の50%OFFクーポンプレゼントしてます!

②巻まで0円
②巻まで0円
10巻まで0円
③巻まで0円

②巻まで0円
②巻まで0円
③巻まで0円
②巻まで0円
②巻まで0円
②巻まで0円


花とゆめ22号の高嶺と花、感想です

最新コミックス9巻は11月20日発売!

ネタバレ配慮してなくてすみません

ちょっと待って、いくらなんでもスケコマはヒドくないですか?(笑)

やはり持つべきものはルチアーノさん、という言葉に異論はないのであれば、さすがにスケコマと呼ぶのは やめてあげませんか? ( ゚∀゚ )

でもチケットを貰ったってことは、水希ちゃんとルチアーノさん ちょいちょい会ってるってことなんだろうなあ、ひどい呼び方も仲良しの証と思えばいいか!

微風のライブに行くって話になって、まず光子ちゃんと竹潤の仲が気になるのは自然な流れで、光子ちゃんが“スナック光子”として お悩み相談を受けてたのも ある意味 自然な流れかもしれないね(笑)

親密になって連絡を取り合ってることには嬉しいんだけど 最初に「おじゃまします」「いらっしゃい」って何かが変だよね、何かが ( ´艸`)

 

高嶺さんの面倒くささにはビックリしたなあ、高嶺さんが どんな人かは もう十分わかってるつもりだったけど、まだビックリすることあるんだなってビックリした

いや突然に登山の話を始めて 勝手に花も一緒に行くことになってるのは、ああ高嶺さんだなって思うくらいなんだけど、「じゃあ今週末俺は何をすりゃいいんだ!!!」って まさかの理不尽ブチ切れに笑った (*゚▽゚*)

「俺と山に登った方が楽しいからやめとけ」までは、どんだけ花と山に登りたいんだ かわいいじゃないか!と思ってたんですけどね、友達いないってことは置いといて。

というか花も、この間の件で まだ ちょっと不機嫌とはいいつつ、高嶺さんのそばで勉強してるし、友達いないことは口に出さなかったんだから優しいよね (*'∀'*)

チケット1枚 余ることになって高嶺さんを連れてきてくれたわけだし!まあ すぐ後悔することになってたけど(笑)

しかし「は? 俺の方がイケてるだろ」っていうのは、花が微風を褒めちぎるから 嫉妬もあったせいじゃないか?と思うと ちょっとかわいい (*^ω^*)

まあ挙動不審になってたのは 花の言うとおり、周りの女子が誰ひとりとして 自分に色めかないことへの“驚きと不安とイライラ”のみなんだろうけどさ、・・・存在自体が高飛車だよね。

それでも花に介護されて 大人しく待ってるから やっぱ憎めないわー (*´艸`)

花の妄想の世界の“もし高嶺さんがアイドルだったら”は壮大なギャグストーリーとして楽しめばいいですよね?(笑)

 

高嶺さん 始まる前から人酔いでヘバってたから どうなることかと思ったけど、中に入っちゃえば席があるからか 逆に落ち着けてたし、つまらなそうな顔することもなかったし、立って聴いてたりしてたから、高嶺さんが有意義だと言ってくれたのは 心から そう思ってくれたんだなって分かった!

花の耳元で話してたこともドキッとするけど、カラオケで花が歌ってたってことを覚えててくれたことも そりゃ嬉しいでしょ (*゚ω゚*)

普通のことだとしても、ちゃんと聴いてくれてた ちゃんと自分に興味を持っててくれてた ちゃんと覚えてくれてた、って普通に嬉しいことでしょー!!!

高嶺特権に踊らされてることが悔しい花さん、素直に嬉しがるということが難しくなってきてます?(笑)

(かっこいいって何だっけ イケてるって何だっけ 高嶺さんといると わからなくなる)

恋に盲目になって、高嶺さん最高に かっこいい!私の見合い相手 誰よりイケてる!とはならないところが 花と高嶺さんの関係の面白いところだよね (*^▽^*)

 

竹潤は 光子ちゃんを控え室にまで招待するって、光子ちゃんのこと どう思ってるんだろうね?

すごいキラキラして出迎えてたけど・・・、好きというか崇拝って感じかも ( ゚∀゚ )

ライブに集中できないくらい高嶺さんが気になってた花だったけど、さすがに間近でアイドルと触れ合ったら 高嶺さんの存在を忘れるのは仕方ないよね、うん仕方ない!それに一瞬だけだしセーフ!(笑)

高嶺さんとしては、楽しくない時間も正直あったはずだし 本来だったら来る機会もなかっただろうところだったと思うけど、それでも来た理由が「お前の嗜好を把握しておきたかった」って、妙なとこ素直でキュンときてしまったじゃないですか (*´ω`*)

まあ“敵”とか“戦い”とか続けるところが やっぱり素直じゃないんですけどね。結果 言い負けてるし。

「・・・お前が どんなものを見て どんな風に喜んで どれだけ心を動かされるのか それを知る事ができて・・・ 今日は 有意義だった」

かっこいいです、言ってることも“そんな顔”も かっこいいです、イケてます!!!

だから、かっこいい高嶺さんのままで終わってくれたら よかったんだけどなあ ( ゚ _ ゚ )

まさかの解釈で スカイダイビングとか おかしすぎるけど、本気で花がキュンとすると思って やってるんだろうなってところが、高嶺さん 愛おしい馬鹿♥

 

高嶺さんと花 パシャリ☆ ださくてもドレスコードと言えば着てくれる高嶺さんは大人で良い子 (*´∀`*)

f:id:smilesmile_smile:20171021161914j:plain

【Renta!】2017年上半期電子書籍ベストセラー発表!!