花とゆめ19号のそれでも世界は美しい、感想です

コミックス1~16巻 発売中!

ネタバレ配慮してなくてすみません

リビとネフェロが協力してる、というかネフェロがリビの支えになってくれてる (*゚´ω`゚)

そしてリビに付いてく気満々のヨルが かっこいい顔してる!かわいいんだけど かっこいい顔してる!

意志を持った霧にはガルタが頑張ってくれてるし、リビには力強い仲間がいっぱいですよ 。゚(゚ノД`゚*)゚。

しかし ちょっとさ、あのゾロゾロやって来た霧は フォルムかわいいなと思ってしまったよ・・・

ガルタの腕なら数刻持つ、でも だからって1人で置いてくのは悔しいリビを、ネフェロが強引に連れてってくれたのは感謝しなくちゃいけないね

苦渋の選択だけど ガルタは後のことをネフェロに託してでも、先に進んでもらうことを望んでいたわけだし、たしかに まごまごしてたら手遅れだった

前言撤回してリビを背負ってくれるネフェロが かっこいいじゃないですか (*゚ω゚*)

じたじたした、 必死で しがみつくリビは正直かわいかった!ごめん!

 

リビを背負いながら祠まで突っ切ろうとするネフェロは、本当に かっこよかったなあ

大国を恨む気持ちは変わらないけど、それ以上に大事にしなくちゃいけない感情が自分の中には ちゃんとあるってことを気づいたのかな (*゚´▽`゚)

「でも傷付けた連中の顔が どうしても消えねぇ せめて それに報いたい あと惚れた女を泣かせたままなのも 耐えられねんだよ」

「だから お前の事は絶対 そこまで連れてってやる ニケを救ってやってくれ 頼んだぞ」

ネフェロのおかげで リビがニケのもとに辿りつけたっていうことが泣ける・・・

ニケを捕らえてるものの正体とか、ネフェロの顔した子が話したことの意味とか、分からない点は たくさんあるけど、リビの声でニケは諦めずにいられたことが嬉しかった

そして、残った力を振り絞ったネフェロが リビを飛ばすシーンには胸が熱くなるー!!!

あと僅か、リビが届かなかった距離を、ヨルが必死になって黒蓮石を届けてくれた、・・・なんだよ もう!ヨルかっこいいよ、感動だよ、付いてきてくれて ありがとうだよ 。゚(゚ノД`゚*)゚。

それから 落ちてくるニケとリビを慌てて受け止めてくれるネフェロが好き♥

 

ニケの意識は戻って雨は止んだし 霧も晴れた、後は ついに再会できたニケとリビが たくさん喜び合うだけ・・・!!!ってわけにはいかないんだろうなあ・・・

なんか すぐに塔が崩れちゃいそうな気がするし・・・

連載100回記念を迎える次回は21号、待ち遠しい!

 

ネフェロとリビをパシャリ ひたすらにネフェロが かっこいい (*゚ω゚*)

f:id:smilesmile_smile:20170907190135j:plain