マーガレット6号の菜の花の彼 -ナノカノカレ-、感想です

最新コミックス12巻は2月24日発売!

ネタバレ配慮してなくてすみません

キャラクター人気投票 開催ですって!これは もう何が気になるって、隼太が勝つか鷹人が勝つか・・・ってとこでしょう!!!

このタイミングで人気投票って余計に気になる、ものすごく結果が気になる

だって今の展開って菜乃花は隼太と幸せになるのか、鷹人と幸せになるのか、分からなくなってきてる状況じゃないですか

もしかしたら人気投票の結果が今後の展開に関わってくるかも!??とか思わずにはいられないわけですよ (゚Д゚ノ)ノ

でも それはないかな??個人的には、鷹人は最後うまくいかなくなってこその鷹人だと思ってるし(笑)

不憫でこそ鷹人!そういう意味で好きな私にとって やっぱ菜乃花は隼太を選んでほしい

あと それぞれのキャラにキャッチフレーズみたいな言葉があったけど、桜治の「ただいま入院中。」がいちばん好き \(^O^)/

 

千里ちゃんが菜乃花に冷静に対応してくれるか心配だったけど・・・やっぱ感情的になっちゃってるよね・・・

「これまで ずっと菜乃花は 記憶失ってる間の菜乃花の事を 無視してきたくせにさ」って、今の菜乃花に対しても不満が抑えられなくなってきてる? (´・ω・`;)

恋の力、を信じる千里ちゃんは記憶をなくす前の菜乃花の味方でいなくちゃって使命感が生まれてるのかな

ありがたいことだけど、今の菜乃花の気持ちを否定してまでクビを突っ込む話ではなくなってきてるんじゃない・・・?千里ちゃんには悪いのだけど・・・

“鷹人のために”記憶がない間のこと知ろうとする菜乃花に対して、咎めるような言葉は間違ってると思う (ノ_・。)

「ほら 取り戻す前に進んじゃってるんじゃん」って言われても、じゃあ菜乃花は立ち止まってなきゃいけないの?ってことになるじゃない・・・

千里ちゃんが鷹人を責めずにいられないのは仕方ないとも思うんだ、でも「隼太くん」のことを全部この場で話したのは千里ちゃん自身がスッキリしたいためだったとしか思えないんだ (´;ω;`)

菜乃花が「でも菜乃花が思い出しさえすれば どれだけ遠くにいたって隼太くんは」って言われて どう思うかを配慮してくれたとは感じられない・・・

だけど、好きな人がいたことを知って戸惑っているのに菜乃花は、千里ちゃんのこと(気にかけてくれてたんだ)って感謝してたのが えらいなあと思った (*゚´ω`゚)

千里ちゃんが言ってること自体は嘘でもなんでもなくて、本当のことで、そうなれたら菜乃花にとって一番いい と思えることではあるんだよね、悪い子じゃないから千里ちゃんの言葉は重いよ・・・

 

菜乃花が「隼太くん」のこと思い出そうとするのも また切ない気がしてしまった・・・

メールすら ほとんど残ってなくて、隼太との付き合いが目に見えないのは むしろよかった気がする

多分、今の菜乃花が見ても何も思い出さない気がするんだよね、残ってるものを見て(なんだろう)としか思えない菜乃花は これ以上見たくないかも (ノ_・。)

電話の着信はすごく多いことに気づいたおかげもあって菜乃花は気にするようになってたけど、隼太を思い出すキッカケになることは唯一「声」なんでしょうね!??

(今 繋げたら聴けるんだろうか 「隼太くん」の声が)

もし、あのまま隼太に電話をかけてたら 菜乃花の中に大きな変化が生まれたかもしれない、思い出さなくても何かが変わったかもしれない

偶然とはいえ それを遮るように菜乃花を呼び出した鷹人は、すごくラッキーだったのかもしれないね

自分から菜乃花に「きけよ 答えるから」って言い出した行動も、鷹人にプラスに働いたんだと思う

隼太のこと ちゃんと話してくれた鷹人だから菜乃花は、「消えたままの方が 鷹人くんがいいのなら それでいいかなとも思ってる」って言葉が出てきたのかもしれないし・・・

「あいつは俺とは真逆だった だから俺は どっかで お前に好かれる事は出来ねぇんじゃねぇかって感じてる」

「・・・そうなの? 私 鷹人くんを 好きになったりしない・・・?」

「そうだろうな」

なんで鷹人が そんなことを、そんな顔で言うのか菜乃花は分からないからこそ、鷹人の“それでも菜乃花が好き”って気持ちが菜乃花に響いたのかも・・・!

菜乃花の表情は たしかに鷹人に気持ちが傾いてる証拠だと感じる、そうとしか思えない顔だもん!!!

鷹人にとって、自分だけに都合が良すぎるとすら感じるほどの菜乃花の変化だろうなあ

だけど、「まさか 今 ほんの少しでも 俺に傾いてるって 俺は思ってもいいのか?」って期待を込めて菜乃花に尋ねても、「わからないよ・・・」って菜乃花の返事に嬉しそうにしても、鷹人は嬉しいだけじゃなくて“隼太のことが好きな菜乃花”を消そうとしてることへの罪悪感は積み重なってくのかな・・・

菜乃花への「ごめん」は そういう意味なのかな (´;ω;`)

鷹人も変わってる、菜乃花を思いやる優しい心が育ってる、それが どう今後に影響していくのか・・・??

 

(「隼太くん」 あなたのことを聞かされてから 年や姿形よりも 何故か あなたの声を知りたいと思った でも それを確かめることを 私はもう しないのかもしれない)

「好きな人」の存在を知ったうえで、それでも菜乃花は鷹人を選んだ瞬間・・・??

菜乃花が隼太のことを“「隼太くん」っていう「好きな人」がいた”みたいに どうしても他人事のように感じてしまっているのが悲しすぎる、仕方のないことだけど・・・

そして このまま隼太の声を確かめない道を選ぼうとしてる菜乃花の気持ちも、仕方がないのかもしれない

目の前で これだけ苦しそうに「どうしても お前を諦められなくて ごめんな」って謝る人を さらに苦しめることになるって分かってまで確かめるのは、怖いと思う

菜乃花と隼太の距離は どんどんと離れていく・・・けど、このまま隼太の声を聴かないでいるっていうのはムリなんじゃないか?という予感

隼太が帰ってくる日は いつか必ず来るはずだし、あと、桜治の意識が回復したり・・・、とか・・・

ただいま入院中。の桜治だけど、もし菜乃花と会うことがあったら、そうなったら間接的に隼太の声を聴いたってことになるんじゃない?

いろいろと読めない続きを予想したくなります、外れるって分かっていても! (*゚∀゚*)

 

菜乃花をパシャリ・・・! 鷹人に見せた この表情・・・、本当にこの先どうなってくんだろうなあ・・・

f:id:smilesmile_smile:20170222193645j:plain