別冊マーガレット3月号の箱庭のソレイユ、感想です

最新コミックス3巻は2月24日発売!

ネタバレ配慮してなくてすみません

カラーでしたね、すてきでしたね、過去と今の対比が描かれてましたね。

からの「それいけ天使くん」って何ですか・・・!!!天使くん真の姿(!??)が とてもかわいい (*´Д`*)

3巻の表紙とかめちゃめちゃかっこいいのにね!ギャップすてきです、好きです♥

 

伊月さんと天使の わだかまりが解けたのは嬉しかったことだけど、手放しに喜べない理由が あさひに何て言うかってことなんだよね・・・

(天使はもう・・・自分のためには絵を描かない)って思ってたのに急に描く気になってたり、表情が柔らかくなってたり、そりゃ隠し事されてるって あさひは気づくよなあ (´・ω・`;)

そもそも嘘とかつけなさそうだもんな、真剣にどんぐりころころ歌うほど純粋な天使だもんね(笑)

でも隠し事したいわけじゃないし嘘をつきたいわけじゃない、悪あがきかもしれないと思って嘘をつくのは伊月さんも本当は複雑な気持ちでしょう (ノ_・。)

しかし まさかの女子力発揮の伊月さんと天使が仲良くなりすぎなのも問題な気がしてきた(笑)

いや、あさひが(幸せだなぁ・・・)のまま本題忘れてくれてもよかったんですけどね (*゚∀゚*)

 

「僕たち和解したんです」っていうのもニュアンスとしては ちょっと違う気がするし、「自殺だったんだ」ってことにするのは有希先生のこと考えると、そんな嘘はつかないでほしい・・・けど、あさひを守るために覚悟を決めたんだろうなあ・・・

それで すんなり、あさひの気が晴れるだなんて伊月さんも天使も思ってなかったとは思うけど、「そんな身勝手な世間体のために天使の人生 狂わされたんですか!?」と取り乱すのは予想外だったのかも

天使のおどろいた顔、あさひが自分のために必死になってくれるのが ちょっと嬉しかったりしたんじゃないかなって気がする

 

祖父の名に泥を塗らないために隠されていた・・・と説明された有希先生の日記を、あさひは本当に読まないままで納得できるのかな??

「あさひ 俺は・・・ もう 勝手にいなくなったりしないよ」って天使に言ってもらえて安心する気持ちもあるはずだけど、胸のつっかえを無視したままでいられるのかな??

本当に時間が解決してくれるのかな??

いつのまにか解決していて(ああ・・・私 蚊帳の外だったんだなぁ・・・)と悲しく思う気持ちの方が強いみたいだけど、やっぱり最終的には あさひも真相を知ることにはなると思うし・・・

そのへん伊月さんの知り合いの記者の人が関わってきそうな気がする、中途半端で終わらせられない追求心の強そうな人だし

 

あさひは仲間外れ感に堪えられなくて拗ねてるはずだったのに、天使がたくさんの人に認められていくことには喜びを隠せないのね (*´艸`)

天使が絵を描くようになったことの嬉しさには迷いとかない!!!

・・・けど、天使の絵がキッカケで あさひに恋のライバル登場!的なことになっていきそうですか!??

ひったくりで天使に助けてもらった女の子、そりゃ天使のこと、嬉しくて感謝して忘れられない人になるに決まってるよね (´・ω・`;)

ただお礼を言いに来たって雰囲気ではないし、ちょっとした事件じゃないよ大波乱だよ・・・!!!

有希先生のこととは直接の関係はないかもしれないけど、どうなるのか気になる!!!

 

伊月さんと天使をパシャリ! 伊月さんは嘘が上手すぎるし天使は隠し事が下手すぎる、ちょうどいいコンビです (*゚∀゚*)

f:id:smilesmile_smile:20170215201607j:plain