花とゆめ5号のトリピタカ・トリニーク、感想です

「神様はじめました」全25巻 発売中!

ネタバレ配慮してなくてすみません

花果たちと河伯たちと一緒に行動することになったんだ・・・!すごい、おもしろいメンバーだと思う (*゚∀゚*)

河伯の兄の冰夷さん、が浮いてる、本来この方が常識なんだろうけど常識であればあるほど、浮いてる(笑)

人物紹介「弟が心配の種。」ですって!その弟さんの「志は高い。」といい、笑いどころだと思っていいのかな?いいですよね?? \(^O^)/

兄がそう思ってるのを知ってるのか知らないのか分からないけど、冰夷さんをフォローしようとする河伯が冰夷さん大好きで賑やか(笑)

花果が冰夷さんの話し中に「ぐるるるるるる」になっちゃって照れるのが かわいすぎて癒やされたけど、三蔵は もうちょっと真面目に聞こうよ ( ゚∀゚ )

怒ってお兄ちゃんの話を聞けって言ったけどお兄ちゃんに止められる河伯だよ!(笑)

冰夷さんはもう三蔵の首を狙ってないっていうのは本当だろうし、三蔵への恨みって個人的なことじゃなくて政治的なことなのね

長安までとはいえ一緒に行動できるの?なんて最初は思ったけど そのへんは冰夷さんも状況選ばずって感じじゃないから、とりあえず問題なくて安心した

 

長安でなにが起こってるかは実際のところ三蔵も冰夷さんも、よくは分からないのね・・・

三蔵の体を盗んだ奴の正体も分からないみたいだしなあ (´・ω・`;)

ある日 三蔵の魂が解き放たれたってことも何か理由があるんだろうけど、それは偶然なのか解き放ってくれた人がいるのか??

謎が多い、でも三蔵は唐という国の未来を豊かで平和にしたいって気持ちは今も変わらないんでしょ?冰夷さんの言葉に反論できなくて弱気になってたけど・・・

花果に癒やされても冰夷さんにコテンパンにされ・・・そんなに長安の状況は悲惨なのかと思ったよ

河伯と違ってふつうに強い冰夷さんは心強いなって安心したり、河伯の「ですよね」に笑ったりもしたけど (*´艸`)

もう完全に河伯はコミカル担当なのね!!!

長安に辿り着いていちばん喜んでたの河伯だったし、口では何と言ってても (*゚ω゚*)

「静かすぎる 人の気配がしない 妖魔の巣窟かもしれん」って冰夷さんが言ってたことも的外れだとは思えないんだけど、実際は都は無事??全く何事もなく??

すごい喜んでる三蔵を見てたら そんなこと考えたくないけど、きっと何かあるよね・・・ (´Д`;)

そんなことないのかなあ、冰夷さんが説得力ありすぎたから そう感じるだけ??幻ではないって三蔵が言い切るくらいだし

花果を亡くなった娘と重ねて可愛がってくれる鈴玉さんも、めちゃめちゃ いい人だし!!!

これで都が賑やかなのも鈴玉さんの優しさも裏があったら、三蔵だけじゃなくて花果もかわいそう (´;ω;`)

あと河伯もね、本当は市場に行きたかったんだもんね、お兄ちゃんに止められちゃったけど(笑)

冰夷さんも なんだかんだで、河伯だけは自分の言うこと聞いてくれるの嬉しいんじゃない?結局ただの仲良し兄弟なんじゃない? \(^O^)/

日没になったら帰らなくちゃいけないとか棒たたき20回の刑とか、子どもの花果を脅かすために言ったのかと思ったけど、実際に城門が閉められて太鼓が鳴り終わったら何か起こりそうな予感・・・??

迷子の花果は三蔵のもとに帰れるのか、次回は7号!気になります!

あと約束どおり長安まで来たけど この後どうなっていくんだろ・・・、三蔵からもお師匠さまの体からも花果は離れたくないよね

 

花果と三蔵をパシャリ! 最後まで花果を巻き込みたいだなんて思ってないだろうから、もうすぐお別れ、とか三蔵は考えてるのかなあ・・・なんて思った・・・

f:id:smilesmile_smile:20170208212937j:plain