花とゆめ1号のそれでも世界は美しい、感想です

1~11巻発売中!

ネタバレ配慮してなくてすみません

ニールとバルドの目的はバルドの兄スピラーリに

ニケとリビの婚約を守ると大神官様に確約してもらうために協力してほしい、とのことだったわけですが・・・

バルドとスピラーリ様めっちゃギスギスね (´;ω;`)

一方的にバルドが苦手意識もってるよ

地位を捨てた兄は腰抜けだって

そんなに嫌わなくたって・・・って思うけど

がんばるリビとか見てるとそうなっちゃったんだろうか

 

アリステスがスピラーリ様に恩義をすっごい感じてるw(*゚o゚*)w

スピラーリ様に恐るべし・・・!

この人は欲がないから自然と心から信頼しちゃうんだろうな

協力に関してはアリステスががんばっちゃう模様!

元悪徳神官たよりになるぅ~(σ・∀・)σ

 

そしてはじまったリビの作戦

カッサンドラを側室として迎え入れて堂々と城の中に入れるってことだったね

盗賊たちには騎士団のふりをしてもらわないといけなかったのかあ

みんなかっこよくってドキドキする!カッサンドラ様は美しすぎてドッキドキですわ (*/ω\*)

派手に民に披露するのは歓迎ムードにして力押しするためかな??

 

リビとジシンのボーイズトークをパシャリ!陛下落ち着いてなんて言えないわ(≧∀≦) ジシンがカッサンドラ様好きとかね❤ 私も詳しく聞きたいよー!

f:id:smilesmile_smile:20151207163321j:plain