カテゴリ: 別冊マーガレット-箱庭のソレイユ

別冊マーガレット6月号の箱庭のソレイユ、感想です

最終コミックス4巻は6月23日発売!

ネタバレ配慮してなくてすみません

名前は書いてなくても天使のことを書いた記事だって そりゃ分かっちゃうよなあ・・・

あさひが必死に「点治は私を庇ってただけなの!」って言ってるのに みんな聞いてくれないことには ただただ悲しい気持ちになったけど、菊之助が天使のこと守ろうとしてるのは嬉しいって気持ちが先に浮かんだよ

誰も聞いてくれないっていうのは同じ状況だけど、あさひの他にも天使には仲間がいるんだってことが嬉しい、菊之助は いい男だよ 。゚(゚ノД`゚*)゚。

一方で、菜乃ちゃんは あさひのことが すごい心配そうにしてくれてて、それも いい友情だなあって思った

この時は まだ菜乃ちゃんも菊之助も事情を知らないはずなのに、記事を そのまま真に受けたりしないでくれたんだよね、いい子たちだよ本当!

 

意外だったのは記事を書いた山本さんが、真実を知ったら真剣に謝ってくれたことでした

最初は何の罪悪感もなく伊月さんに挨拶してて やっぱり そういう感じなんだなあ・・・なんて悔しくなったけど、山本さんは正義感を振り回そうとしてたんじゃなくて“戸張さんのため”って気持ちで記事を書いたのか・・・、そのへん誤解してた (・_・;)

といっても、一度でも間違った記事が世に出てしまったことは もう取り消せなくて、あさひの“許せない”って顔も当然

伊月さんが山本さんを責めずに謝ったことに対しても、記事は訂正しなくていいって言ったことに対しても、あさひが“どうして”って思うのも当然・・・

この記事について伊月さんが責任を感じるだろうなってことは分かっていたけど、訂正しなくていいって言い切るのは すごいことだなと思った

たしかに、訂正するということは天使が守ってきた真実を明らかにすることで、それを天使が望まないって伊月さんは1人で答えを見つけてたんですよね

天使の気持ちを いちばん理解して、その上で天使を守るために動いた伊月さんは大人だな (*゚´_`゚)

あさひを天使に託すことで2人を守った伊月さん、かっこいい!!!

1話では階段で あさひが伊月さんを受け止めたけど、今度は伊月さんが天使に あさひを受け止めさせたんだよなあ・・・

 

私のせいで・・・って自分を責めて事件の真相を公表したい あさひと、あさひのそばにいられるなら それでいい天使

「少なくとも5年間は・・・ 一度だって後悔した事はないよ」

幼い頃からツラい思いをして、だけど あさひと有希先生のおかげで乗り越えられた天使は、あさひのそばにいられるならって気持ちに迷いなんかあるわけない

居心地のいい場所を探すって、どこで生きていくかじゃなくて、誰と生きていくかを見つけることなのかな

(この時 ようやくわかった 狭い箱庭に閉じこめられていると思っていた点治は・・・ 私よりずっと広い世界を見ていた 点治が求めていた場所は私が求めていた場所と同じだったんだ・・・――――)

箱庭のソレイユって、天使の太陽=あさひって意味なのかな??

結末としては、事件の真実は公表しない、2人はお互いを居心地のいい場所として世界中を旅して幸せに過ごしている・・・ってことでしょうか

物語として理想を求めてくのなら、天使の誤解を解くために立ち向かっていくっていう展開だって本来ありだと思う

だけど、別に そんな頑張らなくていい、今 生きている世界が生きにくいなら他を探せばいいって天使に教えてくれた有希先生の言葉が、あさひと天使にとっての一番の幸せを与えてくれてるんだろうな (*゚´ω`゚)

 

あさひと天使をパシャリ いろいろ感じる美しい最終話でした

f:id:smilesmile_smile:20170514175501j:plain

別冊マーガレット5月号の箱庭のソレイユ、感想です

最新コミックス3巻 発売中!

ネタバレ配慮してなくてすみません

あさひの動揺が想像以上で隣にいる天使が気づかないはずなかった・・・ (´;ω;`)

そうだよなあ・・・、大切な人が死んだ原因が事故とはいえ直接 自分が関わってて、好きな人の時間の5年を自分が何も知らず奪ってたかもしれなくて、しかも伊月さんを苦しめてた原因が すべて自分のせいだったのかも、なんて知ってしまったら(全部 私のせいで・・・)と思ってしまうと思う

あさひは自分が殺したと思ってしまってるわけだし (ノ_・。)

やつれてる あさひが見てられない・・・、3日も経ってるのに食事すらとることができないでいたんだね・・・

ずっとベッドの上で丸まってたんだろうけど、きっと ずっと眠れなかっただろうな・・・

あさひを抱きしめる あさひのお母さん強いですね、母の愛を めちゃめちゃ感じるシーンだった (*゚´_`゚)

 

天使に「守ってほしいなんて・・・頼んでない」と あさひが言うのは、あまりにも やるせない気持ちになるけど、今になって苦しい思いをしてしまってる あさひが そう思うのはムリもないかなって思ってしまう

事実、守られたことで あさひの“私のせいで”って気持ちは増してしまってるし・・・

だけど天使の涙で、少なくとも天使が5年間を“奪われた”なんて思ってないことは、あさひも少し分かってくれたんじゃないかなと思う

「あの時の俺には こうするしか思いつかなかった」

小学生だった天使の判断は、今 振り返れば間違っていた、伊月さんの気持ちとしては当然そう思うはず

でも伊月さんが天使を責めたりしないのは、天使が まだ小学生だったから

だからこそ疑問に思うのが あさひのお母さんの判断なんですよね

「あの日・・・ なんで天使の手を離したんですか」

あの時、天使が あさひのお母さんに何て言ったのか気になってたけど、やっぱり それが分かるのは あさひが記憶を取り戻してからだったか・・・

そして やっぱり、お母さんは天使の言葉を覚えてた

忘れられるはずなんてないくらい、お母さんだって いっぱい悩み続けてきたんだろうな (´;ω;`)

それは あさひが大事なのは もちろんだけど、きっと天使のことも すごく愛情を持ってくれてたからだと思う

「おばさんは ずっと俺の味方だった 俺が 虐待されてたこと・・・ 周りの人は気づかなかったけど・・・ この人だけは心配して・・・ 守ろうとしてくれた・・・――」

あさひのお母さんが守ろうとしてくれた方法を当時の天使は受け入れることはできなかったけど、でも ちゃんと天使に、助けたいと思っていた気持ちと優しさは伝わってたんだなあ 。゚(゚ノД`゚*)゚。

これは あさひのお母さんとしては嬉しかったと思う、だけど あの時あの一瞬 怯んだことに対する後悔の気持ちは、この先も消えることはないんだろうね・・・

幼いのに、ツラい状況にいたのに、どこで誰と生きるか、天使は もう決めてた

あさひと有希先生の傍がいいって言った天使の気持ちを、あさひのお母さんが大事にしたのは間違っていたのかな・・・??

たとえ自信がなくたって、「俺に選ばせて」と言える強い意思を持っていた天使に選ばせたのは、間違っていたのかなあ・・・

天使だけじゃなくて、あの時の自分は こうするしかなかったって気持ちは、遡れば みんな、いくらでもあると思う (ノ_・。)

 

有希先生が死んでしまった原因についてだけじゃなくて、天使の気持ちとか お母さんの隠してたこととか、あさひが全部を知った上で一歩だけでも進めて救われたのかと思うと、これで よかったんだろうなあと思えました

あの時の天使の行動を優しさと思うのも押しつけと思うのも、有希先生が自分を許してくれているか憎んでいるかと考えることも、あさひが全部を知った上で どう覚悟していくかしだいなわけだし・・・

大丈夫か どうかは分からない、だけど「これから どう償っていくか ちゃんと考えるよ」

天使が守ってくれた時間を、あさひが どういう形で大事にしていくのか?天使は あさひに「ありがとう」と言ってもらえただけで充分の気持ちだと思うけど、きっと あさひは納得することはないまま ずっと償い方を考えていくんだろうなと思う

 

天使の母親・・・だった人が天使を捜しに来たのは、自分が いい思いをしたかったからだけだろうけど、あの記事を書いた記者は“これは正義だから”っていう感覚も少なからず あるんだろうなあと思うと、記者に対してのほうがモヤモヤするんだよね (・_・;)

あさひの迫力に負けて、あの人は もう天使に近づかなくなると思うし

「引き取ってあげようと思って」とか すごい腹立ったけど!!!

だけど、あさひのおかげで天使から「・・・知らない」って言葉が出て すっきりできた

記事の方が、ああ やっぱり恐れてたことが起こってしまったか・・・って不安な気持ちが止まらない・・・!

これについては伊月さんが責任を感じてしまうだろうな (´;ω;`)

次で いよいよ最終回ですか、どうなるんだろう!??

 

天使をパシャリ あさひの「ありがとう」だけで今までの全てが報われた気持ちだったろうな、天使は天使で その気持ちを大事にしたって いいことだよね 。゚(゚ノД`゚*)゚。

f:id:smilesmile_smile:20170414233335j:plain

別冊マーガレット4月号の箱庭のソレイユ、感想です

最新コミックス3巻 発売中!

ネタバレ配慮してなくてすみません

あの他校の女の子とは お友達になったのか・・・、お友達か・・・

「いいよ」って すっごいアッサリした反応だったんでしょうね (*゚∀゚*)

伊月さんと和解した天使は自分の世界を広げようとしている、それが つまり人との交流も消極的にならないでいこうって表れなのかな

同級生と話すようになったり友達が増えたりとか、いいことだ!いいこと、だけど あさひが複雑になるのは仕方ないでしょう・・・!

とくに女の子とアドレス交換とか、そこ喜べるわけないしなあ σ(^д^;)

だけど、天使の絵を見てしまうと嫉妬心なんて どうでもよくなる、それだけ天使の絵は心を動かすってことですね

「ああ・・・ 私 やっぱり・・・ 天使が好きだなぁ」

最初、天使“の絵”が好きだなぁって読んでたよ、違うじゃんね!告白しちゃってるじゃんね!衝動的に!ヽ(*'▽'*)ノ

しかも ちゃんと天使に伝わってるし・・・!!!

でも天使は一瞬も嬉しい顔とかしないんだなあ、できないんだなあ (´;ω;`)

毎日毎日あさひの顔を描くほど あさひのこと思ってるのに・・・、伊月さんが引くほどなのに(笑)

あさひへの思いは たしかに「執念」とも言えるのかもしれない、だからこそ逆に、見守ってるだけでいいって天使は そう思い込んでいたのかもね

それに有希先生の匂いがする伊月さんの傍が好きって言った言葉に嘘はなかったと思う (*゚´ω`゚)

 

コンクールに入賞するのは天使の実力では それほどおどろくことではないのかもしれないけど、写真とか出回って大丈夫なのかな・・・、あの記者の人が何か書いたりしない・・・?絶対するでしょ・・・

そして授賞式当日になって いっきに事態が変わってく、まさか そこで思い出すことになるとは思わなかった

でも そうか・・・、当時の記憶がよみがえるキッカケとしては納得だし、そこで芋ずる式に事件の真実も思い出してしまったのか・・・

隣にいる天使は あさひの異変に気づくかな、どうか気づいてあげて (ノ_・。)

伊月さんのおかげで両想いになれた矢先に、まさかの事態・・・、このタイミングでっていうのはショックだったなあ、もうちょっとだけでいいから あさひに幸せな時間を味わってほしかったよ

「俺のことが好きなんじゃないの!?」とか珍しく感情的になったり「絵に閉じこめたいくらい・・・ 独り占めしたい」とか天使らしい気持ちの伝え方をしたり、すごいキュンキュンした!!! (*´ェ`*)

 

あさひにフラれて、あさひも天使にフラれたことを知った伊月さん、すべて天使が本当の気持ちを出せるように仕組んでくれたってことだよね 。゚(゚ノД`゚*)゚。

やっぱり あさひを見守ってるだけでいいなんて、無理だって気づかせてくれたんだよね

伊月さんは自分の行動に後悔はないと思うけど「これで いいんでしょ ・・・姉さん」が切なかった (´;ω;`)

あさひからの誕生日プレゼントを ずっと大事にしてくんだろうな・・・、伊月さんのために選んでくれたんだなあって分かる あさひからのプレゼント、すごく嬉しかったと思う!

しかし、これで あさひが全部を思い出したら、伊月さんは あさひと、どういう立場で関わっていけばいいんだろうね・・・

友人として?フラれた相手として?事故の遺族として?・・・どれも当てはまるから複雑すぎる (ノ_・。)

 

あさひと天使をパシャリ 伊月さんがいなかったら天使は ずっと本当の気持ちを抑え込んでたままだったと思う、伊月さん優しい人 (*゚´ω`゚)

f:id:smilesmile_smile:20170315184822j:plain

別冊マーガレット3月号の箱庭のソレイユ、感想です

最新コミックス3巻は2月24日発売!

ネタバレ配慮してなくてすみません

カラーでしたね、すてきでしたね、過去と今の対比が描かれてましたね。

からの「それいけ天使くん」って何ですか・・・!!!天使くん真の姿(!??)が とてもかわいい (*´Д`*)

3巻の表紙とかめちゃめちゃかっこいいのにね!ギャップすてきです、好きです♥

 

伊月さんと天使の わだかまりが解けたのは嬉しかったことだけど、手放しに喜べない理由が あさひに何て言うかってことなんだよね・・・

(天使はもう・・・自分のためには絵を描かない)って思ってたのに急に描く気になってたり、表情が柔らかくなってたり、そりゃ隠し事されてるって あさひは気づくよなあ (´・ω・`;)

そもそも嘘とかつけなさそうだもんな、真剣にどんぐりころころ歌うほど純粋な天使だもんね(笑)

でも隠し事したいわけじゃないし嘘をつきたいわけじゃない、悪あがきかもしれないと思って嘘をつくのは伊月さんも本当は複雑な気持ちでしょう (ノ_・。)

しかし まさかの女子力発揮の伊月さんと天使が仲良くなりすぎなのも問題な気がしてきた(笑)

いや、あさひが(幸せだなぁ・・・)のまま本題忘れてくれてもよかったんですけどね (*゚∀゚*)

 

「僕たち和解したんです」っていうのもニュアンスとしては ちょっと違う気がするし、「自殺だったんだ」ってことにするのは有希先生のこと考えると、そんな嘘はつかないでほしい・・・けど、あさひを守るために覚悟を決めたんだろうなあ・・・

それで すんなり、あさひの気が晴れるだなんて伊月さんも天使も思ってなかったとは思うけど、「そんな身勝手な世間体のために天使の人生 狂わされたんですか!?」と取り乱すのは予想外だったのかも

天使のおどろいた顔、あさひが自分のために必死になってくれるのが ちょっと嬉しかったりしたんじゃないかなって気がする

 

祖父の名に泥を塗らないために隠されていた・・・と説明された有希先生の日記を、あさひは本当に読まないままで納得できるのかな??

「あさひ 俺は・・・ もう 勝手にいなくなったりしないよ」って天使に言ってもらえて安心する気持ちもあるはずだけど、胸のつっかえを無視したままでいられるのかな??

本当に時間が解決してくれるのかな??

いつのまにか解決していて(ああ・・・私 蚊帳の外だったんだなぁ・・・)と悲しく思う気持ちの方が強いみたいだけど、やっぱり最終的には あさひも真相を知ることにはなると思うし・・・

そのへん伊月さんの知り合いの記者の人が関わってきそうな気がする、中途半端で終わらせられない追求心の強そうな人だし

 

あさひは仲間外れ感に堪えられなくて拗ねてるはずだったのに、天使がたくさんの人に認められていくことには喜びを隠せないのね (*´艸`)

天使が絵を描くようになったことの嬉しさには迷いとかない!!!

・・・けど、天使の絵がキッカケで あさひに恋のライバル登場!的なことになっていきそうですか!??

ひったくりで天使に助けてもらった女の子、そりゃ天使のこと、嬉しくて感謝して忘れられない人になるに決まってるよね (´・ω・`;)

ただお礼を言いに来たって雰囲気ではないし、ちょっとした事件じゃないよ大波乱だよ・・・!!!

有希先生のこととは直接の関係はないかもしれないけど、どうなるのか気になる!!!

 

伊月さんと天使をパシャリ! 伊月さんは嘘が上手すぎるし天使は隠し事が下手すぎる、ちょうどいいコンビです (*゚∀゚*)

f:id:smilesmile_smile:20170215201607j:plain

別冊マーガレット2月号の箱庭のソレイユ、感想です

最新コミックス3巻は2月24日発売!

ネタバレ配慮してなくてすみません

有希先生のお墓の前でついに真実が明かされる・・・!と思った途端の、おしるこ!真夏におしるこ! \(^O^)/

「あんな炎天下で立ち話なんてしてたら俺達が死ぬだろ ここのおしるこ美味いよ」

炎天下で立ち話は死ぬはおっしゃるとおりかもしれませんが、おしるこ美味いよって余裕ですね伊月さん・・・!!! ( ゚∀゚ )

というか伊月さんは、そもそも殺人事件じゃなかったっていう予想はできていたってことなんだなあ

有希先生の日記を読んで、病気だったことは確信を持てたわけだから

とはいっても死因は病死じゃなくて、完全な事故

誕生日会をずらさなければ、あの日遅れなければ、大切な人を失ったんだからそういう後悔をしないなんて無理な話だけど、天使だって全く悪くないのにね (´;ω;`)

病気が悪化していく有希先生に感謝を伝えたかっただけ、自分を祝ってくれる有希先生とあさひにお返しがしたかっただけ、それなのに天使が後悔を抱えるって悲しすぎる

でもたしかに、先生を殺してしまったと勘違いしてもおかしくない状況に立ったあさひが一番ツライ

事故だったけど、事故だったからの一言ではあさひの心は救われない

たとえ頭を打ったことが致命傷だったと説明されたとしても、幼い女の子がそれで理解できるとも思えないし・・

ナイフが刺さった有希先生と、気絶するほどのショックを受けたあさひを目の前にして、天使だってどうすることもできなかった

でも自分が描いた穏やかな寝顔の有希先生とあさひの絵に突き動かされて(先生・・・俺・・・― あさひを守るよ)って覚悟を決めたというのも切ない話だなあ・・・

正しい判断だったとは けして思ってはいけないんだろうけど、でもあさひがツライだけの出来事を忘れていると知ったときの安堵感は理解できる

そのまま忘れていてほしいと思う気持ちはよくわかる

今までずっと「ありがとう」と泣いて伝えた天使の、正しい正しくないは抜きにして本当に覚悟のうえでの行動だったんだなあ、と・・・

あさひのお母さんが天使になんて言われて手を離すしかなかったのかはわからないけど、でもきっと天使の覚悟を認めるしかない言葉だったんだろうなあ

天使は忘れてるみたいだけど、きっとあさひのお母さんは覚えてる

その言葉がなんだったのかが分かるのは、あさひが記憶を取り戻した時かもしれないって予感がする

 

伊月さんが天使に言った「誰にも罪は無いのに・・・ひとりで全部背負って バカだろキミは・・・」って言いたくなるのも分かるし、天使が伊月さんに言った「辛かったのは・・・何もしらなかった あんただ」って謝る気持ちも分かる

まさか伊月さんから感謝されるとは思ってなかっただろうな・・・本当に自分は先生とあさひを守れているのか自信なんてなかったんだから

「守れ・・・たのかな そっか・・・ そっか・・・」って泣きながら笑う天使の喜びは素直に「よかった」と受け止めたいなあと、読んでて思いました (*゚´ω`゚)

 

伊月さんは天使に本当はあさひと付き合ってないことを打ち明けたけど、逆にあさひの前から消えようって気持ちは天使の中からなくなったと思う

ここまで来たら関係ないっていうのも そうだろうなって思うし、「仲間だけどライバルだね」とまで言って心を開いてくれる伊月さんのこと裏切れないでしょ! 。゚(゚ノД`゚*)゚。

天使も伊月さんにどんどん心を開いていくんだろうな思う

そんな2人を見かけて天使の表情の変化に気づいたあさひの「なにあの顔――っっ」はごもっともだよね!!!

あさひからしたら、仲悪いはずの人達がどうしちゃったの!??って感じだろうし σ(゚▽゚;)

しかしあさひは目がいいですね!(笑)

 

天使をパシャリ ひとつ、苦しみから解放された瞬間なのかな・・・ 伊月さんの嬉しそうな笑顔がまた泣ける ( ;∀;)

f:id:smilesmile_smile:20170116133253j:plain

↑このページのトップヘ