カテゴリ: 花とゆめ-それでも世界は美しい

花とゆめ1号のそれでも世界は美しい、感想です

最新コミックス17巻 発売中!

ネタバレ配慮してなくてすみません

湖の第一王子ってことは、ルナのお兄さん?王子らしくはないとはいえ、秀才で探究心が強くて立派な人ですよね

お付きのイリアンが「もっと放蕩三昧しましょうよおぉっ」って言ったことに そんなこと言っていいのか?と思ったし、ちゃんと放蕩三昧してたことに笑った ( ´艸`)

この世の仕組みが知りたいって、周りからは かなり不思議な人だと思われてるんだろうけど、自分で頭脳明晰って言ってしまうだけあって、かなり核心を突いた迫り方してるのでは??

メンフィスが辿り着いた碑って、どこかと繋がってる・・・?碑が世界中にあるってことは世界中が繋がってる・・・?

ひとりでに碑が揺れたっていうのも 連動してるってことだと思うし、女の歌声は ニケのアメフラシ

この世の神秘は雨の公国の近くにある、って きっと正解で、ニケも知らない真実があるんだろうなあ

メンフィス様、すごい頭いい人なんだってことは分かったんだけど、お茶目だったり ちょっと抜けてるとこあったりで かわいい人だ (*´▽`*)

雨の公国の人に会えたテンションで口走った・・・のではなく 本気でカラに一目惚れですか?

 

北へ向かって出発する時に、カタラさんを通して指輪をニケに返したネフェロとか、カタラに「俺を頼れ!」って言ったリビとか、そりゃ泣いちゃうよね、ニールが陛下の成長に感激してしまうのも無理ないですよ 。゚(゚ノД`゚*)゚。

ともあれ ニケとリビとニールとガルタ、4人の旅が始まって どうなっていくのかなあと思ったけど、とりあえず目指した王家の邸宅には無事 到着?

ニケが わくわくしてたの かわいすぎるよね (*゚ω゚*)

邸宅でニールは リビに、アインに言われたこと話すつもりだったのかな・・・

その前に、リビからニケに“自らと 自らに関わる人間の因果について”話してくれることになったけど、最後の赤子リビが 目つき悪すぎて笑ってしまったよ! ( ´艸`)

王宮に入ることを決めたシーラは強くて かっこよすぎるし、淋しいって泣くのは切ないけど ちゃんと人間味もあるってことに愛おしく感じる、やっぱりニケと似てるんだなあって思いました

 

メンフィス様パシャリ! 目の下クマがひどい・・・のですかね?

f:id:smilesmile_smile:20171208231420j:plain

花とゆめ23号のそれでも世界は美しい、感想です

最新コミックス17巻は11月20日 発売!

ネタバレ配慮してなくてすみません

そうだった、ニケは大公国妃だと思われてるんだったね、みんな ネフェロの状態は知ってるのかな・・・

復旧が始まっても これからの大公国のことが心配だったんだけど、“大丈夫”って分かって安心した!みなさん 逞しい!

「それは多分 ネフェロが撒いた種だよ」に泣いた (*゚´ω`゚)

温泉が沸いたことで、大公国は まったく違う国になっていくんだろうなあ、秘境というロマンは生かさないとニールに怒られちゃうけど(笑)

ニールが、アルを追うことに あんまり反対しなかったのが意外というか、珍しいと感じたけど、それはアインに言われた言葉が影響してるのかな?とも思うし、またニケと離れてでも 何が何でもアルと決着をつけなくちゃいけないって、リビが そこまで考えてるって分かったから あまり反対するようなことを言えなかったのかな

リビが どれだけ覚悟を持って決断したのかってことも、ニールは分かってるんだろうけど、さすがにニケの反応までは予測できてなかったね

ニケ、リビが自分に話しづらいことがあるって察してたし、怒ったりはしなかったもんね

というか怒るとかの前に リビの話を遮って「じゃ 私も早く準備しないとだな」って ついてく気満々だったし!

「それに何より リビが過去に向き合おうとしてる時に 私がお前の傍にいないなんて ありえない」

「苦しみに向き合おうとしてるなら 私にも手助けさせてほしい」

「その為なら恐いことなんて ひとつもないよ」

震えてる姿に心配になったけど、強いところ ぜんぜん変わってないニケが、やっぱり かっこいい 。゚(゚ノД`゚*)゚。

守られてるだけじゃないニケが リビの気持ちを強くしてる、素晴らしい関係ですね!ニケのお母さんとも約束したわけだし!

とりあえず温泉でイチャイチャありがとうございます・・・っ (*゚▽゚*)

 

リビをパシャリ!!! 「いいんだぜ?」って 少年王の上から目線は最高だな (*´艸`)

f:id:smilesmile_smile:20171108223854j:plain

花とゆめ22号のそれでも世界は美しい、感想です

最新コミックス17巻は11月20日 発売!

ネタバレ配慮してなくてすみません

動き通しで疲れてたこともあるとはいえ、ニケの足が震えたのは 自分がやってしまったことを恐れて・・・ですよね・・・、ニケのせいではないのに (´;ω;`)

目の前の景色に 能力を戻すことが怖くなってしまったのは当然だと思う、こればっかりはリビの声も届かなかった

向き合えずにいたニケに届いたのは、現地の人の 厳しさと強さと優しさだったことに泣いた、ロロさん かっこよすぎる 。゚(゚ノД`゚*)゚。

「でも 私も傷付いたから 傷付いてる人の事は わかるの あなたも辛かったね もう苦しまないで」

ロロさんも おじいさんも、大公国の人たちが もう逞しく生きてて本当に感動した、泣けた

ニケに笑顔が戻って、能力を戻せそうだけど しばらく戻さないで、もう一度 能力を見極めることを決めたニケの姿勢も、すごく かっこいいことだと思う (*゚´ω`゚)

「お前が納得した時に戻ればいいよ 俺は アメフラシのニケでも ただのニケでも 大事なことに変わりないから」

ああ、やっぱりリビも かっこいい・・・!!!奥さん、ちょっとだけスケベなことさせてやって(笑)

 

リビがアルを追う意志は もう固まる方向に進んでいくんだと思うけど、それってニケも一緒につれて行こうとは思ってないんだろうね??

ニケだったら リビが何て言おうと、ついてくって言い張るんじゃないかなって気はするけど

アインに「世界は終わってしまうかもしれん」なんて不吉なことを言われたニールは どうするんだろうなあ (@_@;)

ニールもガルタも、リビが まだ危険に身を置こうとすることを止めたいはずだし・・・

もしかしたら春を待たずに 世界中で今回のような事が これから起きる、アインが言っていたことが本当なら 絶対に食い止めなくちゃいけない

リビとアルが直接対決の展開になっていくのかな

 

ニケをパシャリ! ニケに笑顔が戻って、ようやく一段落ついたなって思えた!また すぐ次の波乱が待ってるけど・・・

f:id:smilesmile_smile:20171023192453j:plain

花とゆめ21号のそれでも世界は美しい、感想です

最新コミックス17巻は11月20日 発売!

ネタバレ配慮してなくてすみません

100話記念のカラー豪華でしたねー!ヨルって黄色いのか・・・ヒヨコだなあ (*´∀`*)

そして ついに再会できたニケとリビの抱擁から始まるという感動回!!!

ヨルも泣いてるし!なんか微妙に堪えてるような顔してるのが かわいいし!

リビの顔を見たがって、本当にリビが助けに来てくれたことを喜ぶニケを見てると、ああ ものすごく不安だったんだなあ・・・って思った

もちろん そんなことは当たり前で 分かっていたんだけど、これまでとは比べものにならないほどの不安を感じてたんだろうなって気がした

ニケだけじゃなくてリビも泣いてたけど、大泣きするニケを抱きとめるリビは男の子らしかったし、ネフェロに向かっては涙を見せないところは さがだなって思う

今回の計略について全部 自分1人の責任として背負おうとしてるネフェロだけど、リビの立場としても感情としても 彼に同情はできないよね・・・

それでも、お人好しのニケがネフェロを許してるなら、リビは それに何も言わないし、むしろ それでこそニケだと思ってるリビに また成長を感じたな 。゚(゚ノД`゚*)゚。

霧は晴れて とりあえず落ち着いたと思ったら・・・の出来事でネフェロに庇われたことは、リビだって ものすごく感謝してるに決まってるし

ああは言ってたけど、あくまでもニケの気持ちを確かめるための“最低な事”の提案だったわけで、必死にネフェロを探してたのはリビだって同じだったもんなあ

あれだけの高い塔が崩れてきて命があっただけ幸運なんだろうけど・・・ネフェロの姿は かなり衝撃でしたよ・・・

カタラさんがリビに寛大な処置を泣きながら求めてることと、ニケの心にはネフェロへの情が確かにあることと、ネフェロの“悪い奴じゃない”部分に泣かされた・・・に (´;ω;`)

塔の中で龍神様に会ったことを、涙を我慢しながら ネフェロに伝えるニケの強さと、言づてを聞いて笑ったネフェロに、僅かかもしれなくても希望を感じた

あの子はネフェロのことを見ていてくれたから ネフェロの姿をしていたのか・・・、幼いネフェロと龍神様が楽しそうに駆けてるシーンは空想のものなんだろうけど、どちらかの一方的な願望ではなくて、ネフェロと龍神様の間には お互いに“大好き”の気持ちが今も ちゃんとあるってことに嬉しくなりました (*゚´▽`゚)

 

しかし、大公国は これからが大変ですもんね・・・、ネフェロは もう見ることも 自分の足で動くこともできなくなってしまったし、塩田は壊滅状態で、市街地も・・・

たしかに隠し通せるものではないし、記憶のないニケが気にしているまま 全部が解決したことになんて出来ないんだ (´・ω・`;)

本当は、リビも見せたくなかったんだろうけど、避けられないって判断したんでしょうね

ニケのせいじゃない、と言われたって それでニケが納得できるはずもないし、この被害を目の前にしてニケは どう動くんだろうなあ・・・

 

ネフェロをパシャリ 誰よりも、子供の時の純真な心を忘れてない人なのかもしれないな・・・と思いました

f:id:smilesmile_smile:20171008224254j:plain

花とゆめ19号のそれでも世界は美しい、感想です

コミックス1~16巻 発売中!

ネタバレ配慮してなくてすみません

リビとネフェロが協力してる、というかネフェロがリビの支えになってくれてる (*゚´ω`゚)

そしてリビに付いてく気満々のヨルが かっこいい顔してる!かわいいんだけど かっこいい顔してる!

意志を持った霧にはガルタが頑張ってくれてるし、リビには力強い仲間がいっぱいですよ 。゚(゚ノД`゚*)゚。

しかし ちょっとさ、あのゾロゾロやって来た霧は フォルムかわいいなと思ってしまったよ・・・

ガルタの腕なら数刻持つ、でも だからって1人で置いてくのは悔しいリビを、ネフェロが強引に連れてってくれたのは感謝しなくちゃいけないね

苦渋の選択だけど ガルタは後のことをネフェロに託してでも、先に進んでもらうことを望んでいたわけだし、たしかに まごまごしてたら手遅れだった

前言撤回してリビを背負ってくれるネフェロが かっこいいじゃないですか (*゚ω゚*)

じたじたした、 必死で しがみつくリビは正直かわいかった!ごめん!

 

リビを背負いながら祠まで突っ切ろうとするネフェロは、本当に かっこよかったなあ

大国を恨む気持ちは変わらないけど、それ以上に大事にしなくちゃいけない感情が自分の中には ちゃんとあるってことを気づいたのかな (*゚´▽`゚)

「でも傷付けた連中の顔が どうしても消えねぇ せめて それに報いたい あと惚れた女を泣かせたままなのも 耐えられねんだよ」

「だから お前の事は絶対 そこまで連れてってやる ニケを救ってやってくれ 頼んだぞ」

ネフェロのおかげで リビがニケのもとに辿りつけたっていうことが泣ける・・・

ニケを捕らえてるものの正体とか、ネフェロの顔した子が話したことの意味とか、分からない点は たくさんあるけど、リビの声でニケは諦めずにいられたことが嬉しかった

そして、残った力を振り絞ったネフェロが リビを飛ばすシーンには胸が熱くなるー!!!

あと僅か、リビが届かなかった距離を、ヨルが必死になって黒蓮石を届けてくれた、・・・なんだよ もう!ヨルかっこいいよ、感動だよ、付いてきてくれて ありがとうだよ 。゚(゚ノД`゚*)゚。

それから 落ちてくるニケとリビを慌てて受け止めてくれるネフェロが好き♥

 

ニケの意識は戻って雨は止んだし 霧も晴れた、後は ついに再会できたニケとリビが たくさん喜び合うだけ・・・!!!ってわけにはいかないんだろうなあ・・・

なんか すぐに塔が崩れちゃいそうな気がするし・・・

連載100回記念を迎える次回は21号、待ち遠しい!

 

ネフェロとリビをパシャリ ひたすらにネフェロが かっこいい (*゚ω゚*)

f:id:smilesmile_smile:20170907190135j:plain

↑このページのトップヘ