カテゴリ: マーガレット-僕に花のメランコリー

マーガレット7号の僕に花のメランコリー、感想です

コミックス1~4巻 発売中!

ネタバレ配慮してなくてすみません

弓弦がバスに間に合わないのは もう分かってたというか、仕方ないだろうなと思ってたんだけど、てっきり花もバスには乗らないと予想してた

だって弓弦と一緒じゃなきゃ意味ないし・・・ (´;ω;`)

走ってきた弓弦がさ・・・、待ち合わせの約束したときの花との会話を思い出しながら辿り着いたっていうのが・・・切なさ倍増・・・

“早めに来んなよ 寒いだろ”

楽しみで仕方ないから つい心配になる花の性格を分かってこその、弓弦の優しい言葉だったんだと思う

でも1人でバスに乗る今の花は、ルカをほっとけない優しい弓弦の性格を分かってるからこそ、電話に出ないんだよね、出れないんだよね (ノ_・。)

だって また「行くことができない」ことの説明されると思うと出たくないよ、謝られてもツラいだけだよ・・・

それは誤解、弓弦は今ルカのそばにはいない・・・って知ることができてない花が(着いたら なにしようかな)と考えてることの方が実際にはツラいんだけどね (´A`。)

今回は諦めてバスに乗らないって選択肢もあったはず、でも乗ったのは、お墓参りに行くってことだけでも果たそうとしたのかなあ・・・

それだけは例え弓弦がいなくたって行かなくちゃいけない場所、お父さんとお母さんに「行った」って報告しなきゃいけないこと、って気持ちが花の心にあるのかな

(それからどうしよう どこに行くのとか全部 弓弦くんと一緒だったから)

ルカが大変なことも、お母さんを亡くしてる弓弦がルカの気持ちを分かることも、弓弦は優しいからってことも、ちゃんと分かってるから「しかたない」と「我慢しなきゃ」は“全部本当”の気持ち

だけどルカの方がツラいんだからっていう心の整理では、どうしても“全部嘘”の気持ちにもさせられてしまうんだろうな・・・

(全然優しくなれないです 嫌なんです どうして弓弦くんが行かなきゃいけないの? どうして今日なの? それとも弓弦くんにとって 私とのこの約束は たいした意味のない事だったの? 私だけ? 私だけがいつも喜んで 悩んで)

その気持ちを電話でもメールでもいいから弓弦にぶつけることができたなら・・・弓弦は「嫌でいい」「それは違う」って答えてくれるはずなのになあ (´;ω;`)

ルカを気遣うふりして自分への言葉を弓弦に発していた花・・・、心細いのも ひとりぼっちなのも(わたしだって)って思うのは普通のこと、だけど花は弓弦に それを言う資格は自分にないと思ってるんだね・・・?

弓弦に一度も好きだと言われたことがないから、弓弦にとって自分は何なのか、花は分からないから (ノ_・。)

でも、精一杯の強がりで堪えてたけど ついにこぼれた「行かないで」は、弓弦が「花っ・・・」って呼んだことが言わせてくれたんだなあ

花は言ってしまったと後悔してるのかもしれないけど、言ってよかったと思う、せめて それだけでも素直な言葉で言えてよかったと思う

ボロボロ涙を流しながら「うそつき・・・」って花が悲しんでるのを見ると、逆になんだか安心してしまった

必死に我慢だけして本当の気持ちを隠しながら平気なフリしてる方が ずっとずっとツラいと思う

そして それを弓弦に全部ぶつけるべきだと思う、そして、弓弦の感情をこれだけ動かせるのは花だけだって知ってほしい

弓弦が花を追いかけようとしてくれてるけど間に合うかな・・・

間に合って、ふたりで見るはずの雪を ふたりで見てほしい、涙じゃなくて笑顔で見てほしい

次の35話は9号、待ち遠しい・・・!!! (*゚ω゚*)

 

弓弦をパシャリ もどかしい気持ちしかなかっただろうけど、弓弦が諦めないでくれてよかった

f:id:smilesmile_smile:20170305173859j:plain

マーガレット6号の僕に花のメランコリー、感想です

コミックス1~4巻 発売中!

ネタバレ配慮してなくてすみません

ルカはやっぱり どこかでお父さんのこと大好きなんだなあ・・・

病院に戻るって決めて、隣に弓弦がいてくれたから「悪い思い出ばかりじゃなかった」ことを思い出せてた

戻ってきて よかったんだね、弓弦のおかげで戻ってこれて よかったね (*゚´ω`゚)

もし あのまま帰ってたらルカは帰ってしまったことが正しかったのか悩むだけで、小さい頃の楽しかった記憶はずっと忘れたままだったんじゃないかなあ・・・とか思った

弓弦に頼ることでルカは冷静でいられるとこもあるんだと思うけど、身近な人を亡くしてる弓弦のことも心配しててルカは やっぱり優しい子!

でも弓弦、平気だって言ってたけど「俺の時は・・・」って何て言うつもりだったんだろうか??

わからないけど、弓弦のお父さんはお母さんのこと看取ることすら してくれなかったって前に言ってた

父親は母親に一度も、死んでも会わなかったって、そういう意味だもんね・・・お葬式にも来なかったんだね・・・

そうしてツラい思いや憎い思いを抱えることになるのは弓弦で、弓弦は そんなツラい思いや憎しみをルカにはさせたくないと思ってくれたんだと思う

だから「やっぱり母親に来いって言え」ってルカに伝えたのかなあ・・・と (´。・ω・。`)

 

弓弦はルカに、花との約束があることも知られないように対応してたから、ルカがどう思うかじゃなくて 弓弦がどう判断するかってことのみだったな、展開を決めるのは

そして決めた答えはルカの そばにいる、でしたか・・・それは本当に仕方ない、というか それこそ違う判断をしたら弓弦が後悔することになる (ノ_・。)

でもさ、弓弦から電話もらった時の花のウキウキが伝わってくるお喋り聞いてたら、すんごい悲しくなった・・・

バス着いたとか ごはん持ってきたとか・・・そうじゃないの 花ちゃん・・・って、すんごい やるせない気持ちになった (´;ω;`)

それは多分 弓弦も同じだったはずで、でも言わなきゃいけない弓弦は もしかしたら花以上にツラかったかも・・・

だけど花だって来れない理由がルカに関係してることだって分かったら、ルカの そばにいるためだって知ったら、そんなの「仕方ない」以上の感情が芽生えるのは当然だよ!

「だから 最後父親に付き添ってやれるの ルカだけで ひとりなんだ」

“ひとり”のルカが弓弦の姿を見てホッとしてる顔・・・他を優先できるわけないよね、ルカの不安な気持ちが分かる弓弦が (ノ_・。)

それは きっと友達としての感情だと思う、ひとりにはできないって、自分がついてなきゃダメだって

花が どこまで冷静に弓弦から告げられてることを受け止めてられたのかは、まだちょっと分からないとこもあったけど、受け止め切れてないからこその「ルカさんのそばに いてあげてください」って落ち着きだったのかもしれないけど、でも すごいと思った (*゚´ω`゚)

弓弦を困らせないように、仕方ないって納得してる言葉だけを返して涙を堪えたんだよね・・・

だけど やっぱり一言だけ堪えきれなくて「・・・いかないで・・・」

切なすぎる、切なすぎるよ!!!「バス・・・ もう着きましたよ」から、花が どんな顔してるのかなって考えるだけで苦しくなるよ 。゚(゚´Д`゚)゜。

 

でも弓弦は花に、あとひとつ何かを伝えようとしてくれてたんだよね??「・・・なあ 俺 今日―」の後になんて言うつもりだったのか分からないけど、花のために何か伝えようとしてくれたんだと思う

伝えたかったけど伝えられなくて、花の一言だけの本音を聞いて、かけ直しても花が出てくれることはなくて、ルカには なにもないって誤魔化して・・・

弓弦だって、仕方ないって気持ちと やるせない気持ちで、本当は いっぱいだったろうなあ・・・

本当は花のところに行きたい気持ちだって いっぱいあったはず

だから、ルカがひとりじゃなくなったら、全力で花のところに走っていってるんでしょう!??

ルカのお母さんも時間はかかったけど病院に戻って来てくれてよかったなって思った、ルカと同じように迷ってて決断つかなかっただけみたいだったから

お母さんが来てくれたのも弓弦のおかげなんだろうな、弓弦に言われたとおり「逃げるな」ってルカは言えたんだと思う

日付は変わって弓弦の誕生日が来て、いちばん最初の「おめでとう」はルカからだったけど、0時ピッタリにはムリだったけど、花に「おめでとう」って言ってもらうために弓弦は走り出したかと思うと・・・がんばれ、急げ!!! 。゚(゚ノД`゚*)゚。

花は11時から待ってたわけだし、もうバスは出ちゃってて雪は見に行けないだろうけど、それでも花のこと笑顔にしてあげてほしい

弓弦にがんばってほしい、がんばってくれるはず

次号の発売日はいつもより近いから嬉しいな!でも まちどおしいです

 

巻頭カラーの花をパシャリ 天使・・・ (*´Д`*)

f:id:smilesmile_smile:20170221175049j:plain

マーガレット5号の僕に花のメランコリー、感想です

最新コミックス4巻 発売中!

ネタバレ配慮してなくてすみません

バスに乗る15分前に待ち合わせとか「無駄に待つの嫌だ」とか弓弦らしい・・・ ( ゚∀゚ ;)

それでも早めに来ちゃう花も、花らしいなあって思った!

やっぱり正反対の2人なんだね、花がお母さん気質で弓弦は面倒くさがりで、だからお似合いなんだけど (*´艸`)

でもなあ・・・そわそわして弓弦を待つ花が、かわいければかわいいほど心配になってくる・・・

弓弦のためにケーキもごはんも持ってきてくれて、花は待ち遠しく思ってるよ・・・?今か今かと弓弦と一緒にいられる時間を待ち遠しく思ってるよ・・・?

だけど弓弦はルカの元へ行っちゃってて・・・出発の時間って何時なんだろ??正直もう弓弦は来ない可能性の方が高いかもしれないよね (´;ω;`)

 

でも弓弦がルカのところに行くしかなかった理由はわかった、納得した

ルカのお父さん、危篤状態なんだね・・・?

「あたしのお父さんが 倒れたって病院から連絡きて 今・・・あたしひとりで病院にいる もう・・・ヤバいから看取ってやれって ・・・ごめん変な話して ねぇ弓弦でもさ どうしてあたしがそんな事してあげなくちゃいけないの? だってあたし お父さんが死ぬってきいて ちっとも悲しくないんだよ」

ルカが「どうしてあたしが」って思うのは当然のことだと思う、悲しくならないことが罪なんてこと絶対にないと思う

離婚した母親もルカに押し付けて、血が繋がってるんだから看取るのは義務でしょって言うのなら勝手すぎる!

ルカが帰ることを誰も責められないし、後悔するかどうかはルカが決めることで「どうしてあたしが後悔するの?」って気持ちに迷いがないならきっと後悔しないよ

でも、弓弦に電話してきた時点で、ルカは迷っているんじゃないかな・・・と思ってしまう

父親を「許さない」って気持ちは変わることはないんだろうね、だけどそれと「行きたくない」って気持ちは別物なのかもしれない

「・・・お父さん なんの為に生きてきたんだろう 家族こんなにして こんな死に方する為に生きてきたのかな」

それを知りたいなら、知れるかどうかは分からなくても もう一度お父さんに会いに行ったほうがいい、最後にふりまわされてる今を、涙で迎えてるなら会いに行ったほうがいい、・・・のだと思う

弓弦が「ルカ 病院に戻ろう」って言ったのは、弓弦だからルカに言えたことだよね・・・

「死ぬんだって あの人 本当に もう 死んじゃうんだって」をルカがどういう気持ちでつぶやいてるのか、弓弦だけが深くまで理解できるんだと思う

 

ルカと一緒に病院へ戻って、弓弦はルカのそばから離れようとはしないだろうなあ・・・そんなことできないよね

でも弓弦に予定があることをルカは知ってるし、どうなるんだろう??

花と一緒に遠出するってもし聞いたら、なおさら弓弦に行ってほしくないって気持ちになるはず・・・だけどルカなら もしかしたら?って気もするな

ルカは強い子に見えて、強がってるだけの弱い子で、だけどやっぱり強いところも多い子、だと思ってる

2人きりの遠出の約束が万が一果たされなくなってしまったとしても、必ず弓弦には 待っている花のところへ行ってほしい

電話はするみたいだけど、それは行けなくなったの「ごめん」なのか、遅れるけど「待ってて」なのか・・・??

どうなるんだろう・・・どうなるのかなあ・・・

 

ルカと弓弦をパシャリ 弓弦がルカを支えようとしてくれてるのは、花の気持ちを考えたら切ないけど大事なことだと思うんだ・・・ (´。・ω・。`)

f:id:smilesmile_smile:20170204201009j:plain

マーガレット3・4号の僕に花のメランコリー、感想です

最新コミックス4巻 発売中!

ネタバレ配慮してなくてすみません

寝起きの光くんの愛らしさもさることながら、サンタさんからのプレゼントに歓喜する光くんがもう・・・!もう・・・! (*´Д`*)

というかあのプレゼントもいいよね、絶対入んないのに申し訳程度なんとか靴下に入ってるっぽくなってる(笑)

花とお母さんとお父さんでこっそりこっそり置きにいったのかなあ

「きゃあぁああ――っ」って喜んでくれるんだもんね、きっとうれしいよお姉ちゃんたちは (*゚´ω`゚)

変身グッズっていうのが男の子らしくてまたかわいいんだ!!!さっそく遊んでくれてるし!

 

一方でセーターと帽子をもらったお父さんは“ず――ん・・・”

プレゼント気に入らなかったのかと思っちゃった、今持ってるセーターまだ着れるのに、とかって(笑)

違いますね、花の旅行の件で未だメソメソ中なんですね、お父さん元気だして・・・! (゚ω゚;)

「・・・日帰りなんて そんなのきっと 急な大雪に見舞われて バスも電車も動けなくなって途方に暮れていたら そこへたまたま宿をみつけて 助かった・・・って思ったら一部屋しか空いてなくて それで・・・それで・・・ そういうの知ってるよ・・・ マンガで読んだもん・・・ 光だってお姉ちゃんいないの嫌だろ・・・?」

知ってる私も読んだことある、心配なんだねお父さん、・・・でも長いよ!!!メソメソしながらの想像長すぎるよ!!!(笑)

そして味方だと思っていた光くんのまさかの裏切り

「ぼくもゆじゅるくんと りょこう行きたいけど がまんできます」

がまんできちゃうし、ゆじゅるくんと りょこう行きたいとか言っちゃうし、お父さんショック!!! Σ(゚ω゚ノ)ノ

 

そうして無念のまま仕事に向かう父・・・がんばってください・・・! ( ;∀;)

今日の夜出発で翌日の夕方帰宅、「娘が泊まりでなんて どこの親が許すんだよ」って弓弦はちゃんとご両親の気持ちわかってるから、安心してくれて大丈夫だとも思うんですけどね

むしろ大事な娘さんが「・・・スケベ。」とか言われてるほうを怒った方がいい(笑)

(・・・お泊まりはさすがに・・・ですけど そんなんじゃなくって いつもよりも たくさん 弓弦くんと一緒にいれるって 思ったから)

スケベ。じゃない!けど現実的な問題に引き戻されてちょっとだけ残念な花??まあそれでも、天気がよくて何よりだったね! (*´▽`*)

光くんが花に渡してたゆじゅるくんへのお手紙には何て書いてあるんだろうなあ

“よく貢ぐきょうだい”に笑ってしまった!!!たしかに!!! \(^O^)/

ここにきて花は弓弦のことになると、弓弦の気持ちが気になって仕方なくなってる??

「弓弦くんは・・・誰が好きかなぁ・・・」

光くんが「・・・ぼく しってますよ」って言ったとき、めっちゃ期待した、すごい期待した

もしかして花が知らないところで弓弦は光くんに、花のことで何か言ってくれてたの??とか期待した

それがまさかの「スーパーヒーローブルーですよ」しかも「そっくりです」

そっくりだから何!??って思ってしまった(笑)

もうほんとに光くんはかわいいよ! (*´艸`)

お姉ちゃんと一緒にケーキ作って、夜は家族4人でご馳走を前に乾杯!!!すんごいしあわせね!!!

・・・しかしお父さんはまだメソメソ中か・・・ ( ゚∀゚ ;)

夜になって緊張してきた花が弓弦の誕生日のことで思いを馳せていて、なんだかジーンときてしまいました (*゚´ω`゚)

 

弓弦はバイトしてからの出発ってことだったのね、荷物が少ないってことは準備も早そう、プレゼントも忘れてない!

そして最初の再会のときの花のストラップ、弓弦は大事に持っててくれたんだ (*´ェ`*)

プレゼントと一緒に渡そうと思って持っていったのかな??

駅で未来に会ったことは本当に偶然だったし特に心配とかもなかったんだけど、ルカからの電話・・・弓弦はルカのところに向かうみたいだけど間に合うの・・・??

「・・・わかった 今どこ」って言う前に、なにかルカの元にどうしても行かなくちゃいけなくなるような言葉があったのかな (゚Д゚;≡;゚д゚)

ルカのもとへ走っていく弓弦が落とした花のストラップ、拾って弓弦と花のことを心配してくれてる様子の未来、笑顔で家を出たところの花・・・

えええ・・・なんかすごい不安になる終わり方だったよ・・・??弓弦はバスに間に合うの・・・??

すごい不安、すごい心配、ルカはどんな用があって弓弦に電話したんだろう

続きが待ち遠しいです!!!

 

表紙の弓弦をパシャリ! わかっていたけど本編とは何も関係ありませんでしたね (*゚∀゚*)

f:id:smilesmile_smile:20170106234148j:plain

マーガレット2号の僕に花のメランコリー、感想です

最新4巻 発売中!

ネタバレ配慮してなくてすみません

花は前回の弓弦の言葉を反芻中・・・、まさか弓弦くんがね、あの弓弦くんがね、あんなに嬉しいこと言ってくれるなんて思ってみないことだった、そりゃそうですよ、だってあの弓弦くんが! (*゚▽゚*)

「ごめんなさい。」は今思えば(なんてもったいないことを・・・っ)

でもしかたないですよ、クリスマスにお姉ちゃんがいないのは光くんかわいそうだもんね

だけど、もったいないと思う分25日は絶対に約束を果たしたいのかな、なんて思った

(あの弓弦くんが 本当に優しくなりましたね)

再会したときの弓弦は昔の面影がほとんどなかったけど、ここにきてかなり取り戻してる、それはもちろん花のおかげだと思う (*゚´ω`゚)

 

花とお母さんでサンタの仕込み作業ですって!なにそれ微笑ましい (*´∀`*)

光くんには内緒のミッション!!!お母さんの明るさステキだなあ

旦那のグチ大会からのろけに変わったのもニヤニヤしたよ (*^ω^*)

結婚前のお母さんから見たらお父さんは本当に頼りなく見えたんだなあ

でもそこがお母さんにとっては魅力的なわけでして (〃▽〃)

可愛らしいところが多いお父さん、たしかに弓弦とはだいぶタイプが違うんだね

だけど、どこか一緒のような・・・ってなんか分かるかも!

弓弦はしっかり者だけど不器用なところがあると思うし、けっこう要領悪いとこもある気がするんだもん(笑)

お母さんがお父さんに感じる「なんか・・・こう・・・も――――ってカンジよね!!」と花が弓弦に感じる「なんか・・・こう も――――― ってカンジです・・・」」の気持ちはかなり近いと思う!

なぜだかどうしても、ほっとけない、ってことなんじゃないですか? (*´艸`)

 

あのマフラーを花は弓弦のプレゼントに買ったんだろうな??

弓弦へのプレゼントってすぐに気づいたお母さんは、花と弓弦はふつうに付き合ってると思ってるんだよね

とはいえ25日の夜から出かけたいって言われて、保護者としては反対するところ

正直に言って許可を取ろうとした花はえらいよね (*゚´ω`゚)

「ウソはつきたくなかったんです 弓弦くんの印象 悪くなってしまうし ちゃんと・・・理解してもらって行きたくて」

しっかり考えてて本当にえらいと思うし、「あと私 ウソたぶんバレるので・・・」に納得した、でしょうね(笑)

花が正直に話したからお母さんもお父さんへの説得を応援してくれることになったし、正直ってやっぱ大切だ!

お母さんとしても、本当の母娘じゃないってこともあって花の力になってあげられるのは特別嬉しいんだろうなあと思う

微笑ましい場面だったけど、花が一瞬止まったのは「彼氏」って言葉に引っかかったから・・・?

 

一方その頃、にやにや嵐に絡まれる結弦くん (*゚∀゚*)

「へー 弓弦 クリスマス バイト休むんだ――?」って嵐のすっごく楽しそうな顔!殴りたい \(^O^)/

でも結局25日は出勤するの?出勤してから出発するの?それとも、たぶん親の承諾とれないから無理だろうな・・・とか思ってたの?

だとしたら花は、めちゃめちゃ慌てて大丈夫の電話してよかったね!

「・・・はぁ・・・だ・・・っだいっじょうぶです!! 25日・・・っ」

嵐にも聞こえるくらい大きい声だったんだなあ、そんくらい嬉しかったってこと (*^▽^*)

お父さん泣いちゃったか・・・だけど花は父との約束は絶対に守ってくれると思いますよ

弓弦も「弓弦くんの事・・・信頼してくれてるんです」と言われたら一緒に守るしかないね!

「・・・せっかく田舎に帰るんだから ふたりで一緒にお参りに行ってきなさいって・・・」

花のお父さんも弓弦のことを心配する気持ち、きっとすごくあるんだろうなあと思った 。゚(゚ノД`゚*)゚。

それにしても、心配性のお父さんと花が交わした“父との約束”メモ、はじめてのおつかい的な心配の仕方でかわいいんですけど・・・! (*´艸`)

 

無事に25日の約束を果たせそうな中で、嵐に「・・・大事にしろよー? あんな子もう他にいねぇんだから」と言われる結弦と、結弦との関係をなんて呼べばいいのか分からない花

(はじめて一緒に田舎に帰る ふたりきりで 私のつくったごはんを食べてくれた クリスマスも誘ってくれた 私は・・・弓弦くんを抱きしめて ・・・聞けませんでした こんな私達の事 なんて呼ぶのかな・・・)

キスだってしてるのに、曖昧な関係の今

それが弓弦の誕生日に変わる予感!??花は弓弦になんて返されるかが怖くて聞けなかったのかな・・・?

しっかりと、彼氏、彼女って呼べる関係になるように、嵐の言葉をちゃんと聞いた弓弦から切り出してほしいなあと思いました o(*゚ω゚*)o

 

弓弦と嵐をパシャリ☆ 弓弦のバイト先での嵐の馴染みっぷり (*'∀'*)

f:id:smilesmile_smile:20161221184634j:plain

↑このページのトップヘ