カテゴリ: 花とゆめ-黒伯爵は星を愛でる

花とゆめ16号の 黒伯爵は星を愛でる、感想です

最新コミックス9巻は8月18日 発売!

ネタバレ配慮してなくてすみません

おっと今回は番外編でしたか!レベッカとゲイリーが ようやく!・・・ようやく? ( ゚ω゚ )

この2人の焦れったさはエスターとレオンの比じゃないのかもしれない(笑)

青薔薇様が鈍感すぎて赤薔薇様が少々おかわいそうでした ヽ(*'▽'*)ノ

でも女扱いしてもらえてレベッカが あんなにドキンドキドキしてるの、ゲイリーも気づいてくれてないのだもんなあ

レベッカ自身が(この前 この動悸は恋ではないかと疑ったが たぶん勘違いだ。)ってとこが一番の問題であることに違いはないけど(笑)

しかし軽薄じゃなくて 誰にでも紳士的と言ってあげてほしいかな ( ´艸`)

 

エスターがギルモア侯爵のところに残ってる間のこと、レオン側は出てこなかったなあと思ってたけど、そうかレオンは レベッカの鈍さを間近を見て これまでの苦労を振り返っていましたか、なるほど。

“うちの女性たち”は本当に やれやれ・・・だからね (*゚∀゚*)

だけどゲイリーも、レベッカから他の女性をオススメするようなこと言われて あからさま不機嫌になるなんて、けっこう余裕ないじゃないですかー!

珍しく不機嫌で笑顔が消えたゲイリーにキュンときたよ (*´ω`*)

いつもは優しいゲイリーから目を逸らされたことで、レベッカはゲイリーの優しさが どれだけ嬉しいことか認識できたわけだし!

でもレベッカが好きなエリカ嬢に、ゲイリーは ちゃっかり協力してるところが納得いかない(笑)

自分は“お似合い”って言われただけで あんなに嫌そうな顔してたのにね ( ゚ _ ゚ )

やっぱりゲイリーは紳士だから女の子の頼みを断れなかったんだろうけど、水の中に飛び込む無茶を躊躇しないのは レベッカのためだから、レベッカだけは特別だから、だと いいなあ

ちゃんとレベッカのこと「女の子」って言ってくれるの嬉しいよね (〃▽〃)

ようやく、レベッカがゲイリーへの想いを自覚してくれたけど、ゲイリーには まだまだ伝わっていないというモダモダ感、素晴らしい・・・!

レベッカの“大好きなひと”がサッパリ分からず(・・・・・・誰?)のゲイリーにニヤニヤ止まらん (*´艸`)

・・・・・・誰?って、あなたですよ!!!

 

次から新章に突入するってことで、どうなってくのか また楽しみだなあ (*^ω^*)

エスターとレオンのラブラブ夫婦っぷりも、レベッカとゲイリーの さらなる進展も、どっちも めちゃめちゃ期待してしまう!楽しみ!

59話は19号、まちどおしいなあ (*´∀`*)

 

レベッカとゲイリーをパシャリ!!! 髪下ろしてるほうが好きだ ゲイリー!!!

f:id:smilesmile_smile:20170720171319j:plain

花とゆめ15号の 黒伯爵は星を愛でる、感想です

最新コミックス9巻は8月18日 発売!

ネタバレ配慮してなくてすみません

うわああ!いきなりエスターとギルモア侯爵が歩くところから始まってるー!そうですよ ついに結婚式ですよ (*゚´ω`゚)

夜の結婚式ってなると、やっぱり ちょっと不気味な雰囲気も最初はあったけど、エスターとレオンの華やかさで そんなの吹き飛びましたよ

ギルモア侯爵はエスターがお嫁に行ってしまうの本当は寂しいんじゃないのかなあ、とか心配してたから、笑顔でエスターとレオンを見守っててくれてたのが すごい安心したし嬉しかった!

まあ はらわたが煮えくりかえったような顔でレオンを見てたとしても それはそれで愛情感じるけどね(笑)

クリス様 来てくれてるし、レベッカやゲイリーたちも安心したような顔で2人の結婚式を見守っててくれてジーンとした 。゚(゚ノД`゚*)゚。

キスの前の エスターの嬉し泣きとレオンの笑顔にはキュンとしたし、目を開けたエスターの瞳にはレオンしか映っていないんだなあっていう流れが最高、そして2人のキスが美しすぎて・・・!!!

たくさんの人に祝福してもらえてるところも見れて すっごい嬉しい、よかったなあ 無事にこの日を迎えられて (*´▽`*)

アルも来てくれたんだね、エスターの前には姿を現さなかったけど・・・

お花をナンに託したのも「別に たまたま通りがかっただけだよ」って言うところも、本当に素直じゃない、・・・けどアルにはアルの事情があるんだろうなあ (´;ω;`)

一度口説いた女の結婚式に のこのこ顔出すクリス様にはクリス様の考えがあるんだもんね!(笑)

「私だって ふたりには幸せになって欲しいんだよ ・・・あの惨劇の日からずっと レオンは過去と向き合って生きて来た それが彼の生きる糧でもあった でもいまは エスターという素晴らしいひとと めぐり会えた これから彼はエスターのために エスターと一緒に未来を見て生きて欲しいと そう願っているのだよ」

クリス様・・・!心から喜んでくれてるのが伝わってくる、でも ほんの少しだけ寂しいような目・・・、レオンの幸せを誰より願っているクリス様の想いには泣けてしまう ( ;∀;)

そんな真っすぐなクリス様の言葉が、アルも ちょっと羨ましく感じるところがあるんじゃないのかな??

誰に聞かせるでもない「幸せになりなよ エスター」が優しくて切ないね・・・

 

無事に結婚式も終わり、無事に夫婦になり、無事にエスターはレオンのものになり、無事にレオンはエスターのものになった! (*゚´▽`゚)

エスターが こっちに戻って、本当に すぐの結婚式だったんだ

夫婦の寝室で とりあえず まず“ぎゅぅ・・・”がしたかったエスターかわいすぎる (*゚ω゚*)

(天国のお母さん エスターは今夜 レオンの本当のお嫁さんになりました)

ついに2人が結ばれた夜になって、エスターとレオンの幸せ最高潮が見れて素晴らしい回だった・・・!!!

これからの展開が どうなっていくんだろう、次も楽しみです!

 

エスターとレオンをパシャリ ほんっと美しくて感動 。゚(゚ノД`゚*)゚。

f:id:smilesmile_smile:20170705171604j:plain

花とゆめ14号の黒伯爵は星を愛でる、感想です

最新コミックス8巻 発売中!

ネタバレ配慮してなくてすみません

その頃レオンは・・・って話もあるかな?と思ったけど、旦那さんは着々と結婚式の準備を進めてくれてたんでしょうね (*´ェ`*)

ってことでエスターとギルモア侯爵の様子が そのまま続いてたわけだけど、まだまだ照れがある2人にキュンキュンしちゃったんですけど・・・!

「お お父・・・さん」って言ったエスターも 言われたギルモア侯爵も照れてるー!!!どんだけ かわいい親子なんだ (*゚ω゚*)

そのくせ見つめ合って笑ったり・・・、そりゃクリス様も妬けちゃうに決まってるわ(笑)

ギルモア侯爵を全力で いじってくるクリス様が すごい好き (*`∀´*)

“2人は仲良し”を素早く肯定するクリス様と、「ただの腐れ縁だ」って言い張るギルモア侯爵、はい仲良しです。

だとしても、ギルモア侯爵は うちの大事な娘に触るな!くらい言ってもいいじゃないでしょうか?(笑)

「君たちの頼みとあらば 私は どこにだって駆けつけるよ」

クリス様かっこいい・・・!かっこいいけど目の前の親子からは不評 ( ゚ _ ゚ )

でも、クリス様がレオンに真実を言わなかった理由は やっぱりなあ・・・と思って、クリス様 本当に優しいと思った

突然のウィンターソン家襲撃の報告、犯人を特定できなかった自責の念、そしてレオンに生きて欲しい気持ち

正解だったのかは分からないけど、クリス様は自ら“レオンの敵”であることを選んで、レオンを守ってくれてた (*゚´ω`゚)

「一方 レオンは当時まだ子供だった あんな形いで両親を失って自暴自棄になっても おかしくはなかった 彼には生きる気力が必要だと思った たとえそれが負の感情から来るものだとしても 私はレオンに生きて欲しかったんだ」

「そもそも あの事件は 王である我々の管理・統率の漏れから起こったものだからね レオンの両親を殺したのは私だと 心から そう思ってるよ」

クリス様の優しさは切なすぎるな・・・、憎まれることを受け入れるどころか 憎まれることを当然と思いながらレオンを守ってきた、クリス様の優しさだって報われるべきだと思う!

涙を流すエスターも優しいけど、今の話で いちばん優しいのはクリス様じゃないですか!!!

「そのクリス様の想いをレオンに伝えてあげてください・・・」

エスターの言うとおり伝えるべき、クリス様も分かってるとおり、レオンは もう大丈夫だから

「うん きっと もう大丈夫だね レオンには 君という生きる意味が見つかった」

生きる意味を見つけたレオンのことを、新しい形でクリス様には守っていってほしいなあ、クリス様ばっかり切ない形は もうやめて

 

アリスからの結婚祝いが「媚薬 だそうだ。」って・・・妹に何を贈ってるんだよ!というかクリス様も止めてよ(笑)

よく分かってないエスターが かわいいのと、あわあわのギルモア侯爵も かわいい (*゚∀゚*)

「「ありがとうございます」「どうか お元気で」 と 彼に伝えてください」

すでにアリスがアルだってことは気づいてるエスターだけど、もう会うことはできないかもしれないって半ば諦めてるんだろうか・・・?

わざわざクリス様に結婚祝いを託して、式には出席しない意志を示したから?ってこと??

アルは黒薔薇城で ずっと“とある研究や実験”をしているってことだけど、かなり本格的な研究をしてる その理由はアル自身のため!??

プレゼントを贈ってくれた父にも会えないほど、エスターの結婚式にも参加できないほど、アルは急いでいる・・・

「そんなこと言ってる場合じゃない 僕にはもう時間が無いんだ」

クリス様は心配そうな顔してるし、どうしても急がなきゃいけない理由があるんでしょうね (´・ω・`;)

何だか切迫した雰囲気・・・、嫌な予感しかしない・・・

 

とはいえ、いよいよエスターとレオンの結婚式は平穏に始まり、無事に終わってくれますよね!!!

ヴァレンタイン伯爵家に春が到来ですよー!みんなに祝福される夜になりますよー!

エスターのドレス楽しみすぎる (*´艸`)

2人の結婚式はやく・・・!!!次号が まちどおしいよー!!!

 

アルをパシャリ 何にしても、研究・実験の過程で媚薬が手に入るって おかしいと思うんだ ( ゚∀゚ )

f:id:smilesmile_smile:20170620183018j:plain

花とゆめ12号の黒伯爵は星を愛でる、感想です

最新コミックス8巻 発売中!

ネタバレ配慮してなくてすみません

親子の会話はずんでる・・・!打ち解けるまで時間かかるかなと思ってたけど やるじゃないか お父さん!!!

と思ったけど、やっぱり最初はギクシャクしてたのね、ギルモア侯爵の背中を ぐいぐい押してくれたユアンさん ありがとう・・・! 。゚(゚ノД`゚*)゚。

ユアンいい子だよー!事件のあと罪の意識で命を絶とうとしてたとか・・・、いい子だから それだけ責任を感じてしまったのね・・・

「辛い役目を負わせてしまった 私ももう死のうなどとは考えない だから 共に生きてはくれないか ユアン」

ギルモア侯爵とユアンの関係は言葉では説明できない気がする、親子とも友達とも主従とも また違う、特別な信頼関係だと思う、すてき (*゚´ω`゚)

 

エスターから昔の母子3人の話を聞いて、優しく笑うギルモア侯爵の顔は お父さんの顔だ!

しかし そうだよね、色んな話ができるようになること以上に、難しいことはあるよね (´・ω・`;)

(だけど最初で躓いてしまったため いまだに私は呼ぶことができていません そう・・・ 「お父さん」と――――!!!)

ぜっったい喜ぶに決まってるから呼んであげて――!と思いながら見てたけど、でも呼べないエスターが かわいいんだ (*´艸`)

ずっと離れていたぶん、ギルモア侯爵は きっとエスターを たくさん喜ばせたいと思ってくれてるはずだから、「こ このクッキー美味しいですね!!!」なんて言ってもらえるだけで最高に嬉しいの伝わってくる

はあ・・・なに この親子そろって かわいい (*゚ω゚*)

ギルモア侯爵が もう「吸血鬼と人間の共存」に向けて頑張り始めてたから、あんまり ゆっくりと一緒に過ごすことはできないみたいだけど、それでも お茶の時間はとってくれるギルモア侯爵の優しさ、エスターも分かってくれてますよ・・・!

 

結婚式のドレスの最終チェックのために遠路はるばる!!! (*^▽^*)

アンナさんが すごいエスターのこと心配してくれて、すごい試着への情熱を燃やしている(笑)

どんなドレスなのか気になるけど、それは結婚式までのお楽しみですな?? (*´∀`*)

ノアが買ってた指貫はアンナさんへの贈り物だったのか、ふむふむ なるほど、エスターとレオンと一緒に結婚すればいいと思う。

名探偵エスターも気がついてたけど、まだ両想いなこと本人たちは気づいてないのかも!??

どうなんだろう、めちゃめちゃ察しのいいアンナさんだから それはない?

エスターの胸の痕だけでレオンの心情まで察するアンナさん すごいー!(*゚▽゚*)

(このご様子だと それ以上のことは無かったようですね よくぞ踏みとどまれました レオン様)

アンナさんには全てが筒抜けだな(笑)

でも、そのくせ自分のことになると鈍感だったりしたら、それは それでステキじゃないですか (*´艸`)

 

少しの間しかアンナさんとラーラはエスターと一緒にいられなかったけど、エスターがギルモア侯爵の城で すごく大切に もてなされてることが分かって安心してくれたと思う!

「これもクローゼットに並んでるドレスも 昔お母さんを この城に迎え入れようとしていたギルモア侯爵が 密かに何着も作らせていたものなんですって お母さんが着るはずだったドレスを着られて とても嬉しいの」

親子が ようやく会えたことだけじゃなくて、ギルモア侯爵とエスターのお母さんが どれだけ愛し合ってるかも伝わってきて、そりゃ泣いてしまうよー! 。゚(゚ノД`゚*)゚。

エスターのお母さんのショールを受け取ったギルモア侯爵も、本当は泣いてしまいそうな気持ちだったろうなあ・・・

「それは・・・ 我らプリムローズ氏族のタータンだ 昔メグに結婚の誓いとして渡した・・・」

姿を消した後メグさんが ずっと肌身離さずショールを身についていた姿をギルモア侯爵が見ることはできなかったし、美しい花畑も スコットランドの雄大な景色もメグさんに見せてあげることはできなかったけど、エスターから聞いて、エスターに見せてあげることができて、ようやくギルモア侯爵はメグさんとの思い出を、後悔や反省以上に 心から幸せだと感じれるようになったのかも (*゚´ω`゚)

ついに「お父さん」って言えたことだし、「家族のしるし」のショールもあるし、親子の絆は離れていた時間なんて関係ないくらい深まりましたね・・・!

お父さんって言ってもらえて思いっきり照れてるギルモア侯爵にキュンとしてしまったよ (〃∀〃)

(ああ お母さん あなたが愛したひとは とても不器用で だけどきっと一生懸命にあなたを愛してくれていて あなたは それがわかっていたから それ以上彼を苦しめたくはなかったから だから姿を消すことを選んだのですね あなたがかつて来るはずだった この地で 私はやっと あなたにたどり着けた気がします)

ずっと一緒に暮らしてたエスターとメグさんだけど、実はエスターは お母さんについて知らないことも多くあって、亡くなった後に そのことに気づいて、母を遠くに感じてしまうことだってあったんだろうなあ・・・

だけど お父さんと会えて、お父さんのことを知って、同時に 知らなかったお母さんのことも知った

エスターとギルモア侯爵の絆が深まっただけじゃなく、エスターとメグさんの絆も深まってて感動しました 。゚(゚ノД`゚*)゚。

57話は14号、さてレオンは どうしてるかなあ

 

表紙のエスターとギルモア侯爵をパシャリ☆ お父さん かわいくってニヤニヤするんだけど (*´ェ`*)

f:id:smilesmile_smile:20170521200236j:plain

花とゆめ11号の黒伯爵は星を愛でる、感想です

最新コミックス8巻 発売中!

ネタバレ配慮してなくてすみません

メグさんとギルモア伯爵の馴れ初めじゃないですか今回!ありがとうございます!

でも悲しい過去の話でもあって、人間に殺された古くからの同胞ってクリス様の妹だったんだ・・・、恋人なのかなと思ってた

詳しい経緯は分からないけどクリス様がツラい目にあったのは変わりなくて、それなのに悲劇を繰り返さないために人間と手を組んで生きてくべきって、すごい強い人だ (*゚´ω`゚)

最初ギルモア侯爵に賛同してもらえなかったのは、正直 悲しかったと思う・・・、仕方ないと思いつつ・・・

そういう点でもギルモア侯爵が人間のメグさんのこと好きになってく様子は、心から嬉しかっただろうな!

元々ギルモア侯爵とクリス様の友好は続いてたってことだけど、ギルモア侯爵が黒薔薇城に来る頻度が増えたり 同じ思想を持つ者としてギルモア侯爵に協力できたり、クリス様も すごく幸せだったと思う、メグさんのおかげで

2人が上手くいくことを、クリス様は素敵なことだって きっと誰より応援してくれたんだよね・・・

 

しかしメグさんとギルモア侯爵の出会いは けっこう王道的な感じ!?? (*^▽^*)

ナンパされてるメグさんを助けて恋が始まるなんて胸キュンイベントじゃないですかー!

ちょっと迫力ありすぎて怖すぎましたけれども ( ゚ _ ゚ )

大きな体と無表情、でメグさんを口説くギルモア伯爵・・・好き♥

他のメイドからは恐ろしいと思われてるからこそ、メグさんにだけガンガン口説いてくの ときめくんですけど・・・! (*´艸`)

メグさんもギルモア侯爵の優しさには すぐに気づいてくれてたから、(本当に恐ろしい方なのかしら・・・)なんて思ってたのは一瞬だけで、(笑った!かわいい!)って赤くなっちゃうくらいなんだから、2人の気持ちが通じるのに時間は さほどかかんなかったんでしょうね

ギルモア侯爵が(かわいいのは あなただ・・・!)って照れてるのもキュンとしたよ (*゚ω゚*)

怖がってた他のメイドたちも メグさんにベッタリのギルモア侯爵は健気に思えるって、メグさんへの愛情はストレートに表現するギルモア侯爵すてき♥

 

黒薔薇城にいる使用人にとっては、想いを寄せる吸血鬼にだったら吸血されたいと思うものなんだなあ、なんかドキドキするね!

でもギルモア侯爵は一度もメグさんの血を吸血することはなかったのかな、なんて純愛・・・ 。゚(゚ノД`゚*)゚。

「あなたを 食糧にしようと思ったことはない それよりも 私はあなたとこうしたい メグ 私の妻になってくれないか」

2人の運命は悲しい結末を迎えてしまったけど、でも出会いから別れまでムダな時間なんて きっと一瞬もなくて、人間に恋をしたギルモア伯爵が今度こそはと子供たちを愛し抜こうとしている (*゚´ω`゚)

お父さん がんばって、エスターを たくさん笑顔にしてあげて!

でもエスターはギルモア侯爵と会っただけで本当に嬉しそうな笑顔を向けてくれるんだから、心配なんてしなくて大丈夫ですね (*^▽^*)

父と娘の暮らしは次回から始まるんだ!ほっこりの連続になりそうな予感で楽しみ!!!

 

メグさんとギルモア侯爵をパシャリ☆ ギルモア侯爵の壁ドン・・・ (*´艸`)

f:id:smilesmile_smile:20170502183334j:plain

↑このページのトップヘ