カテゴリ: 花とゆめ

花とゆめ1号の トリピタカ・トリニーク、感想です

最新コミックス3巻は12月20日発売!

ネタバレ配慮してなくてすみません

ひええ・・・花果が ものすごく美しくなって 花果さんになってしまった! (*゚Д゚*)

それでいて他の修行仲間より圧倒的に優秀って すごくない?素晴らしくない?でも ちょっとおバカで笑ったし かわいすぎるだろって思いました ありがとうございました。

牛魔王が花果さんのこと好きすぎてキュンッキュンする、かっこいいとこ見せたいのに 花果さんには そんなの通用しないとこが微笑ましくてキュンッキュンする (*´ェ`*)

7年かあ、その間 お師匠さまとの手紙のやり取りが いっちばんの楽しみだったんだろうなあ

村が平和なのは何よりですが、龍くんがお見合いですと?どんな娘さんとなのか地味に気になるし 龍くんがどんな大人になってるかも気になる (*゚ω゚*)

うん 7年って すごく長いよなあ・・・、だけど しっかり、いつでも三蔵と旅に出られるように、って旅支度を整えて待ってる花果さんは本当ひたむきな子で 大きくなっても愛おしい子!

牛魔王に言われるまで、三蔵への想いが恋だなんて 考えもしなかったんだろうなあ、ただ会いたいって気持ちだけが一途に ずっとずっと残ってきたんだろうな、キュン・・・ (*´Д`*)

しかし花果さん、強くなりすぎではないですかね?(笑)

そして牛魔王は仲間内でも 微笑ましい存在なのでは?強さでいったら花果さんの次くらいなんでしょうけど、悪ガキが そのまんま大きくなった感じ、かわいい (*゚▽゚*)

獅駝王はイケメンすぎだよね、子どもの時からの成長っぷりが凄まじいぜ!!!

みんなのおかげで花果は さみしい思いをすることもなく過ごせてきたんだなあ、と思うと、みんな ありがとう (*゚´ω`゚)

花果さんだって みんなと離れることに寂しさがないわけじゃないけど、それ以上に三蔵に会いたいって気持ちを止められないのは仕方ないよね

せっかくの牛魔王の一世一代の告白の価値が下がりに下がったのは笑ってしまった、牛魔王 かわいいよ!

結局のところ獅駝王も応援する気さらさらないってことにも笑ったわ!みんな 花果さん大好きすぎる (*゚∀゚*)

「花果には まだ 恋が よくわからない でも 三蔵に会ったら わかる気がするの だから行く 三蔵に会って 花果の気持ちも確かめる!」

「・・・そんなこと言われたら 俺たちも俄然 三蔵とやらの面見てやりたくなってきたぜ」

花果さんと三蔵の再会と、牛魔王たちと三蔵の対面、待ち遠しすぎる!!!果たして いつになるのかなあ

 

成長した花果をパシャリ☆ 祖師さまも 花果さんには絶対あまい (*^ω^*)

f:id:smilesmile_smile:20171210224258j:plain

花とゆめ1号のそれでも世界は美しい、感想です

最新コミックス17巻 発売中!

ネタバレ配慮してなくてすみません

湖の第一王子ってことは、ルナのお兄さん?王子らしくはないとはいえ、秀才で探究心が強くて立派な人ですよね

お付きのイリアンが「もっと放蕩三昧しましょうよおぉっ」って言ったことに そんなこと言っていいのか?と思ったし、ちゃんと放蕩三昧してたことに笑った ( ´艸`)

この世の仕組みが知りたいって、周りからは かなり不思議な人だと思われてるんだろうけど、自分で頭脳明晰って言ってしまうだけあって、かなり核心を突いた迫り方してるのでは??

メンフィスが辿り着いた碑って、どこかと繋がってる・・・?碑が世界中にあるってことは世界中が繋がってる・・・?

ひとりでに碑が揺れたっていうのも 連動してるってことだと思うし、女の歌声は ニケのアメフラシ

この世の神秘は雨の公国の近くにある、って きっと正解で、ニケも知らない真実があるんだろうなあ

メンフィス様、すごい頭いい人なんだってことは分かったんだけど、お茶目だったり ちょっと抜けてるとこあったりで かわいい人だ (*´▽`*)

雨の公国の人に会えたテンションで口走った・・・のではなく 本気でカラに一目惚れですか?

 

北へ向かって出発する時に、カタラさんを通して指輪をニケに返したネフェロとか、カタラに「俺を頼れ!」って言ったリビとか、そりゃ泣いちゃうよね、ニールが陛下の成長に感激してしまうのも無理ないですよ 。゚(゚ノД`゚*)゚。

ともあれ ニケとリビとニールとガルタ、4人の旅が始まって どうなっていくのかなあと思ったけど、とりあえず目指した王家の邸宅には無事 到着?

ニケが わくわくしてたの かわいすぎるよね (*゚ω゚*)

邸宅でニールは リビに、アインに言われたこと話すつもりだったのかな・・・

その前に、リビからニケに“自らと 自らに関わる人間の因果について”話してくれることになったけど、最後の赤子リビが 目つき悪すぎて笑ってしまったよ! ( ´艸`)

王宮に入ることを決めたシーラは強くて かっこよすぎるし、淋しいって泣くのは切ないけど ちゃんと人間味もあるってことに愛おしく感じる、やっぱりニケと似てるんだなあって思いました

 

メンフィス様パシャリ! 目の下クマがひどい・・・のですかね?

f:id:smilesmile_smile:20171208231420j:plain

花とゆめ23号のそれでも世界は美しい、感想です

最新コミックス17巻は11月20日 発売!

ネタバレ配慮してなくてすみません

そうだった、ニケは大公国妃だと思われてるんだったね、みんな ネフェロの状態は知ってるのかな・・・

復旧が始まっても これからの大公国のことが心配だったんだけど、“大丈夫”って分かって安心した!みなさん 逞しい!

「それは多分 ネフェロが撒いた種だよ」に泣いた (*゚´ω`゚)

温泉が沸いたことで、大公国は まったく違う国になっていくんだろうなあ、秘境というロマンは生かさないとニールに怒られちゃうけど(笑)

ニールが、アルを追うことに あんまり反対しなかったのが意外というか、珍しいと感じたけど、それはアインに言われた言葉が影響してるのかな?とも思うし、またニケと離れてでも 何が何でもアルと決着をつけなくちゃいけないって、リビが そこまで考えてるって分かったから あまり反対するようなことを言えなかったのかな

リビが どれだけ覚悟を持って決断したのかってことも、ニールは分かってるんだろうけど、さすがにニケの反応までは予測できてなかったね

ニケ、リビが自分に話しづらいことがあるって察してたし、怒ったりはしなかったもんね

というか怒るとかの前に リビの話を遮って「じゃ 私も早く準備しないとだな」って ついてく気満々だったし!

「それに何より リビが過去に向き合おうとしてる時に 私がお前の傍にいないなんて ありえない」

「苦しみに向き合おうとしてるなら 私にも手助けさせてほしい」

「その為なら恐いことなんて ひとつもないよ」

震えてる姿に心配になったけど、強いところ ぜんぜん変わってないニケが、やっぱり かっこいい 。゚(゚ノД`゚*)゚。

守られてるだけじゃないニケが リビの気持ちを強くしてる、素晴らしい関係ですね!ニケのお母さんとも約束したわけだし!

とりあえず温泉でイチャイチャありがとうございます・・・っ (*゚▽゚*)

 

リビをパシャリ!!! 「いいんだぜ?」って 少年王の上から目線は最高だな (*´艸`)

f:id:smilesmile_smile:20171108223854j:plain

花とゆめ23号のトリピタカ・トリニーク、感想です

コミックス1&2巻 発売中!

ネタバレ配慮してなくてすみません

目覚めた時の冰夷さんの気持ちを考えると めちゃめちゃ切ないんだが・・・、それでも ちゃんと救いはあることが嬉しい (*゚´▽`゚)

河伯の借金の完済を手伝うこと、冰夷さん 迷わなかったんだろうなあ、まあ悪い条件でもないんだろうし

「私はここに残る 馬鹿な弟を待ってやるのも 兄のつとめだ」

また会えるよ、この兄弟は離れていても絆の強さは変わらないし、むしろ今より強くなって再会できると思う 。゚(゚ノД`゚*)゚。

三蔵と また会える日を待つ花果と、河伯と また会えることを待つ冰夷さん、笑顔の別れが なんだかジーンとくるな、希望だけを感じてジーンとくる

しかし仕亥の運命が悲しすぎるよ・・・、仕亥は手を血で汚してしまったから人には戻れない?そんなの あんまりだ・・・ (´;ω;`)

花果は都に帰ったから ひとまず長安の話は終わったんだろうけど、仕亥に救済をください・・・

 

でも、花果と鈴玉さんが無事に再会できたことと、花果とお師匠さまがお話できてることと、龍くんたちが人に戻って また元気に花果と遊んでるところを見て、平和だなあって感じて嬉しくなりますね

また 花果はお師匠さまと離ればなれにはなってしまうけど、今度は 自ら望んで決めた道だから、ただ“強くなりたい”って気持ちだけを持って 前に進んでいけるんだなあ (*゚´▽`゚)

そして お師匠さまの親心に泣いた・・・!お師匠さま ステキすぎる…!

最初は、何てとこを修行先に決めてしまったんだ・・・と思ったけど、よかった すごく平和だ (*゚∀゚*)

牛魔王とか出てきて、西遊記の話を ちゃんと知ってたら もっと面白いんだろうなあ、しっかり見たこと一度もないんだよなあ・・・

 

花果パシャリ!!! 予想外の展開が始まってワクワクする!修行がんばれ 花果!

f:id:smilesmile_smile:20171106225041j:plain

花とゆめ22号のそれでも世界は美しい、感想です

最新コミックス17巻は11月20日 発売!

ネタバレ配慮してなくてすみません

動き通しで疲れてたこともあるとはいえ、ニケの足が震えたのは 自分がやってしまったことを恐れて・・・ですよね・・・、ニケのせいではないのに (´;ω;`)

目の前の景色に 能力を戻すことが怖くなってしまったのは当然だと思う、こればっかりはリビの声も届かなかった

向き合えずにいたニケに届いたのは、現地の人の 厳しさと強さと優しさだったことに泣いた、ロロさん かっこよすぎる 。゚(゚ノД`゚*)゚。

「でも 私も傷付いたから 傷付いてる人の事は わかるの あなたも辛かったね もう苦しまないで」

ロロさんも おじいさんも、大公国の人たちが もう逞しく生きてて本当に感動した、泣けた

ニケに笑顔が戻って、能力を戻せそうだけど しばらく戻さないで、もう一度 能力を見極めることを決めたニケの姿勢も、すごく かっこいいことだと思う (*゚´ω`゚)

「お前が納得した時に戻ればいいよ 俺は アメフラシのニケでも ただのニケでも 大事なことに変わりないから」

ああ、やっぱりリビも かっこいい・・・!!!奥さん、ちょっとだけスケベなことさせてやって(笑)

 

リビがアルを追う意志は もう固まる方向に進んでいくんだと思うけど、それってニケも一緒につれて行こうとは思ってないんだろうね??

ニケだったら リビが何て言おうと、ついてくって言い張るんじゃないかなって気はするけど

アインに「世界は終わってしまうかもしれん」なんて不吉なことを言われたニールは どうするんだろうなあ (@_@;)

ニールもガルタも、リビが まだ危険に身を置こうとすることを止めたいはずだし・・・

もしかしたら春を待たずに 世界中で今回のような事が これから起きる、アインが言っていたことが本当なら 絶対に食い止めなくちゃいけない

リビとアルが直接対決の展開になっていくのかな

 

ニケをパシャリ! ニケに笑顔が戻って、ようやく一段落ついたなって思えた!また すぐ次の波乱が待ってるけど・・・

f:id:smilesmile_smile:20171023192453j:plain

↑このページのトップヘ